Genius316 1ランク上

青学と四天宝寺の対戦は
いきなり予想外な展開を迎えていた。

不二が圧倒されるという信じられない状況…

トリプルカウンターは全部出さなアカンで!と
白石は不二を挑発してきます。

お望み通りといった具合に
不二はつばめ返しを放ちます!

トップスピンに対して超スライスな返球が
バウンドしないことを白石は知っていた!

つばめ返しもふつうに返された不二だったが
続けてもう一つのカウンターを放つ!

大きくアウトしたと見せかけるあの技…

自分のコートに戻ってくる白鯨です!

ボールは白石の後頭部めがけて飛んでいく!

が、白石は後ろを見るまでもなく
軽くボールの軌道を変えてポイントを奪う…

これで4-0と更に差が広がってしまう…

格好いいテニスと賞賛するも
無駄が多いと忠告する白石。

完全に流れは白石のものとなり、
四天宝寺のメンバーは不二に同情するという
青学にとって屈辱的な状況になってしまう。

悔しいですが心技体すべてにおいて
白石のほうが1ランク上のような気がします。

そして5-0とさらにリードされ、
その後も連続でポイントを奪われ…
あと2球で負けというところまで来てしまう。

白石は最後の一球が決まるまで
完璧なテニスを貫き通すつもりでいた。

完璧なテニスほどつまらないものはないと
思ってはいたがチームの勝利が最優先である。

どんなテニスをしようと勝ったモン勝ち

それが四天宝寺が掲げたスローガンだった。

そして、白石はラケットを上に掲げ…

また円を描く謎のスーパーショットを放つ!!!

それに対し不二は第4のカウンター、
蜉蝣包みで返します!!!

だが…それすら余裕で返されてしまい、
ついに白石のマッチポイントとなってしまった!

白石は心の中で思った。

手塚クラスの男だと思っていたが
見込み違いだった、と。

不二はジャンプしたのち倒れ、
地面に突っ伏したまま動かなくなってしまった…

これまで言われてきた言葉を思い出しながら…

勝敗に執着できないみたいなんだ

青学はこんな天才を眠らせていたのか、など。

・・・するとリョーマが近くまで寄って、
本気でやってよと言い放ちます!

これはいい意味での挑発に聞こえます!

審判に注意され戻るリョーマを見ながら不二は、
このまま負けたら何かくやしいやと言うのであった。

まさかここから反撃なのでしょうか…