Genius304 勝つのはどっちだ!

照明が落下するという
前代未聞のアクシデントが発生するも
撤去はすぐに終了したようで、激闘が再開!

リョーマが追いついたことで
試合はタイブレークに突入します!

二人共まだまだ満足いっていないようだが
顔は真剣そのもの!

跡部も相当疲れているようだが
まだまだ眼力を使う余裕があるのか
リョーマの動きをバッチリ捉える。

微妙な手首の動きから事前にかけてくる
ボールの回転すら見え始める。

つまりそれは手塚ゾーンを破ったようなもの!

ほんと彼の才能の底が見えません!

だが、それだけで試合は決まらない。

逆サイドに打つもリョーマは食らいつき、
跡部は股抜きショットをするなど
どちらも互角の勝負を繰り広げます!

そしてリョーマはドライブBの体制に入る!
が、フェイントでドロップショットを打つ!

跡部はなんとか届きますが
ボールはネットに阻まれてしまった。

この時点でカウントは89-89!!!

手塚と跡部の再現よりすごい試合展開です!

どこまで続くかわからない展開だが
ボールから目を離す者は誰もいない。

むしろ声援にこめる熱が一層強くなっています。

そしてついに・・・

両者ともコートに倒れてしまう!!!

さすがに体力の限界に達してしまったようです…

ルールでは90秒以内に次のプレーを
始めないと相手のポイントとなるようです。

スコアはタイなので起き上がったものが
勝利する形となります!

まだ二人共起き上がる素振りは見せない、
というか見せれない。

両校の生徒たちは立て!と声援を送り続けます!

これまでで最も熱い声援が飛び交います!

そんな中最初に起き上がったのは…