Genius213 想い

追い抜いたと思ったらまた追いつかれ、
精神的にも追いつめられてきた乾。

ゲームカウントは4-4。

乾はデータテニスを捨ててまで
柳蓮二に挑むも彼は更にパワー、スピードを上げ
実力の差を見せつけ始める。

まだわからないのか?

自分のプレイスタイルを捨てた時点で
お前の勝ちが潰えた事に!

柳の強力なショットが乾を圧倒し、
ゲームカウントは5-4とついに立海がリーチに!

立海側が大盛り上がり!

あと1ゲームで関東優勝が決まるのだから
盛り上がるのは至極当然のこと。

氷帝の面々はどこか青学を応援してる感じです。

宍戸は最後の一球まで根性見せやがれと
言ってることからそう感じます。

今年の立海はここまで無敗を維持していて、
関東決勝までも3連勝かと誰もが思い始める。

乾はベンチに座ってしばし休憩を取る中、
無意識?にデータを記したノートに手が伸びる。

そこで竜崎が一言。

やはりデータが無いと勝てないかい?

立海メンバーはすでに勝ちを確信してる感じで
青学は思ったほどでもないとなめきっていた。

青学メンバーはまっすぐコートを見つめ、
絶対アイツらに勝ちたいと強く想う!

そして柳はボールを握った左手を前にだし、
いくぞ貞治 覚悟!と言い放つ。

それに乾は…俺は絶対に負けないとつぶやく。

柳はその言葉を聞いて思い出す!

あの時と同じ光景・・・

そう、小学生のときに勝負をしたときの光景…

ゲームカウントも5-4と全く同じです!

いいえ、それだけではなかった。

風が吹いて乾のノートがパラパラとめくれると、
試合展開の予想が書かれていた。

貞治…お前ワザと…

続きはここからだったハズだな

乾はデータを捨てたどころか、
当時の試合展開通りにゲームを進めていた!

さすがの柳はそれには驚きを隠せず、
データ通りに打たされていたのか!?と
乾に強く問いただす。

乾は否定も肯定もせず、
それもここまでだ…といってメガネをあげる。

ここから先は本当にデータがない勝負!

ついに2人の勝負が決着するときが近づいていた!

この試合で奇跡が起こるかもしれないと
手塚に話しかける者がいた。

氷帝の跡部です。

彼の台詞はとても意味深です!

これはもしかすると…