Genius376 最終決戦!王子様VS神の子⑥

五感を奪われたリョーマ…

すでにラケットを拾うことすら満足に出来ないでいた…

ゲームカウントは4-0と幸村が圧倒的リード…

なんとかボールとラケットを拾って
サーブを打とうとするも…
もはや打つどころかボールの位置すらわからない状態。

絶望的な状況に青学の1年生たちは涙を流す。

リョーマもまた涙を流していた。

負けると思いつつも負けたくないとも思っていた。

テニスってこんなに辛かったっけと思ったそのとき、
昔の記憶の一部分が浮かぶ。

リョーマがまだアメリカに住んでいた頃、
南次郎にテニスを教えてもらっていた時のこと。

そしてリョーマは何かに気づく。

一見すると何も見えず聴こえない状態。

それでもまだ続けようとするリョーマの姿に
立海の生徒も引いてしまう。

手塚は竜崎に声をかける。

竜崎は頷いてすまんリョーマよと
涙ながらに何かを決断したかのよう…

幸村もこの状況に戸惑っていた。

五感を失っている状態では
誰もがテニスをするのが嫌になるハズなのに
なぜリョーマは続けようとするのか。

幸村はリョーマを危険すぎる存在だと認める…

そして…リョーマは南次郎の問いに答えます。

テニスって楽しいじゃん

すると…リョーマに変化が起きる!

白目が色づき謎のオーラがリョーマを包み込む!

そのときちょうど南次郎も会場に到着!

その状況に南次郎も驚きを隠せなかった。

これぞ天衣無縫の極み!?

いままで出てきたどんなオーラよりも大きく、明るい!