Genius377 最終決戦!王子様VS神の子⑦

ついにリョーマは天衣無縫の極みに到達!

髪がわずかに逆立ち緑ががった色に変化し
オーラというよりわずかな閃光が
付近に発生しているような感じです。

見極めてやると意気込んだ幸村だったが…
ボールは後ろを転がっていた…

もはやボールがバウンドする音や衝撃すら
認識できないほどの領域に達していた…

審判も見えないほどの打球で、
モニターで確認しないといけないほどだった…

今度は少し遅めに打ったリョーマだったが、
それでも幸村は反応すらできなかった…

立海のチアガールも踊るのを忘れ立ち尽くしていた…

そして、幸村がエースだけで1ゲーム奪われる!

これにはさすがの真田も冷や汗をかく…

幸村自身も何が起こっているのかわからなかった。

これこそが無我の奥の最後の開かずの扉

天衣無縫の極み!!!

もはや何なのか一般人には理解できない領域です!

その後も2ゲーム連取し、
3-4と追いつき始めたリョーマ!

幸村は自分自身に冷静になれと語りかける。

絶対に返せないボールなんて無いんだ!

…だが、次の打球、
幸村は完全にボールを見失っていた。

わずかにシュルルルと音がなる先には…

ちょうどネット上部に姿を隠しながら
幸村側に静かに落ちるボールが見えた…

これで4-4の同点に!!!

そしてついに幸村も汗をかきはじめ息も乱れ始める!

そこでリョーマが一言。

楽しんでる?

どこか阿久津っぽい顔に見えるのは気のせいだろうか。