Genius13 3年の貫禄

前回から始まった越前リョーマと乾貞治の試合。

乾はほぼ完璧なゲーム運びでリョーマを追い詰めます。

負けず嫌いなリョーマはサーブを打つと、
すかさず乾はそのコースでさえ先読みしますが
そのとき意外にもフォルトになります。

これはリョーマがわざとやったこと。

乾はそれは予想できなかったと言いますが、
このままでは堀尾がいうように試合には勝てません。

一方Aブロックコートでは手塚国光と大石秀一郎の試合が決していた。

伝家の宝刀・ドロップショットを披露し、
手塚は6-1という圧倒的な強さを見せつけます。

未だに彼のプレーはどんな感じかはわかりませんが
いまからすごく楽しみなことのひとつです!

このときの手塚の1ショットもかっこいいんですよね!
今後もおそらく出てくる度にかっこいいというと思います(笑)

月刊プロテニスの記者の二人(井上守と芝砂織)も
その試合を見ていて、次はBコートの桃城武と菊丸英二戦を
見に行く予定でしたがDブロックコートが賑わってるのに気づきます。

そう、そこはリョーマと乾の戦いの場。

相変わらず詰将棋のような完璧なテニスを披露していた乾。

絶妙なロブも2歩下がって強烈なスマッシュエースをお見舞いします!

そして乾はリョーマを褒め称えます。

君は俺よりテニスのセンスもある。

ハッキリ言って強い。けれど、

どんなにいいショットでも、

帰ってくる場所さえわかれば・・・

打ち返せない球はないよ

メガネをクイッと直しながらズバッと言い放ちます。

彼がいうと説得力がありまくりですね(笑)

正に貫禄の一言。

でもリョーマは笑っていました。

青春学園に入ってよかったよ。

いろんなテニスを倒せるからね。

お互い名台詞をいうシーンは1ページを割いてます。

どちらも楽しみなことを言い放ちますが
どっちかというとリョーマの方がインパクトがあるような?

完璧っぽいデータテニスをどう攻略していくのか楽しみです!