Genius310 あばれ獅子

不動峰と四天宝寺の対決は最高潮に達する!

本気の橘が怒涛の攻めで3-1とリードします!

全身の毛が逆立つほどのオーラを見せる橘の
猛攻撃はあばれ獅子(じし)というらしい。

相手の千歳は無我の境地の使う強者だが
それを相手にリードする橘の実力は半端ない!

観客はそんなパツキン一捻りやろ!とヤジを飛ばす。

どこのチームもレギュラー以外の者は
毎度毎度的を外したようなことを
口走るのは気のせいでしょうか…

それはさておき、
ここから千歳が攻め始めます!

一見、ふつうのサーブのようなショットが…

橘の近くで突然消えます!!!

ボールはなぜか橘のうしろ、
ベースラインの近くに落ちた…

これは神隠しという技らしい。

その後も橘はそれを全く捉えることができず
あっという間に3連続ポイントを奪われる!

だが、彼はしっかりその打球を観察していた!

すでに見切ったと悟った千歳は
攻めてもらっていいと挑発します。

神隠しは地面に垂直の縦回転を強烈に与えることで
打球が急激に上昇し一瞬視界から消えたように
見えるというまさに神業だった!

その対策は跳ね際を狙うこと!

橘はスーパーライジングで神隠しをついに返します!

だが、神隠しはサーブだけではなかった…

おそらく打とうと思えばほとんどの打球を
消すことができると思われます!

それから両者はお互いに譲らぬ
激しい試合を展開し4-5と橘が一歩リードする。

ここで千歳はとても興味深いことを話し出す。

無我の境地と猛獣のオーラ

己の奥底に潜む能力を最大限に引き出す面では似てる。

だが、無我の境地の奥には3つの扉があるといいます。

まだ彼には隠し玉がある展開ですねこれは…

非常に気になります!