Genius112 Aブロック

菊丸は6-0で荒井に完勝!
汗1つかかず余裕な感じはさすがです!

荒井はいつレギュラーになれるのかとぼやいてますが、
少なくとも今の3年生が居る限り無理な気がします(笑)

他の現レギュラー陣も順当に勝ち進んで
どんどん関東大会のレギュラーを獲得していきます。

そしてリョーマは大石と対戦していた。

大石は3年の先輩としての維持を見せ
コードボールにもくらいつきますが、
リョーマはそのボールにすら即座に対処します。

飛んで思いっきり手を伸ばして届くか!?
という状況になりますが、リョーマはニヤッとして
ボールをスルーします。

アウトになることを読んだからです!

アウトといってもシングルコートの
わずかボール2個分くらいのところなので
洞察力もハンパない!

これにて対戦は終わり、リョーマが6-3で勝利!

またもDブロックを1位で通過したので
文句なしのレギュラー決定です。

ここまでは特に代わり映えしない展開ですが、
堀尾がいうようにAブロックは波乱だった。

Aブロックは桃城、乾、手塚がいるブロック。

現レギュラーが1人落ちることになるのだが、
対戦表を見ると・・・桃が3勝2敗で敗退していた!

桃はジュニア選抜の千石にも勝った実力の持ち主で、
左足を痙攣しながらも勝利をもぎ取った場面が記憶に新しい。

カチローはそのときの影響が残ってるんじゃ?と思ったが、
不二曰く、桃のコンディションは万全だったらしい。

それを2ゲームしか取らせずに押さえ込んだ
乾がすごかったんじゃないかなと不二は思います。

実は乾はこの2ヶ月間、
ただ敵校のデータを集めていたわけではなかった!

しっかり味方のデータも収集していたのです!

海堂はそのとき初めて知ったのでケッと思います。

反対に顧問の竜崎はそれを知っていた様子です。

月間プロテニスの井上はテンションが上がって
記事になるぞー!といってメモしまくります(笑)

芝は同じチーム内の熾烈な戦いに圧倒されます。

そして、乾と手塚の試合が始まろうとしていた!

データは集まった 今回こそは勝てさせてもらうよ手塚

出ました名言!周囲は固唾を呑んで見守ります。

ここからが本当の波乱の幕開けかもしれません!