Genius56 赤澤マジック

青学VS聖ルドルフ戦は波乱の幕開け!

ダブルス2だけでなくダブルス1のゴールデン・ペアでさえ
苦戦するというこれまでなかったやばい展開となっています!

菊丸は苦手コースばかり狙われてますが、
あえて回りこむことで得意コースに変化させて対抗します。

その敏捷さには部長の赤澤も敬服するほどだったが、
彼はまったくひるまず攻める一方。

菊丸は得意のダイビングボレーを放つも惜しくもアウトになってしまう。

どうやら敵は菊丸にばかりボールを集めてるようで、
それに気づいた大石はフォローすると話しかけますが
反応が一呼吸遅れます。

これはかなり集中力が切れている証拠。

本来の菊丸ならボールが集まると集中力が増すタイプだそうですが…

大石はあることに気づく!

こちらを不気味な笑みを浮かべながら見つめる観月はじめに…

この時点でゲームカウントは4-3と
そんなに引き離されてはいないものの、
菊丸のイージーミスが目立つのが気になるところ。

不二はそれだけ赤澤のプレッシャーがすごいと踏みますが
乾はそれだけじゃないと指摘する。

赤澤はシングルスとしてはすごいらしいが
ダブルスはまだ不慣れな選手なので
そのオーダーにはまだ秘密が隠れている可能性がある、と。

するとリョーマが核心をつくセリフをはく。

ねえ ボールが5つ6つくらいに見える、と!

乾はそれを聞いてすぐにピーンと来た。

赤澤はバックハンドストロークの際、
ラケットのスイートスポットをはずし、
先端で打つという妙な癖をもっている。

セオリーからは外れる打ち方ではあると思われるが、
その打球は無数のブレが生じているはずと乾はいう。

でもそれは常人では判別できないブレです。

が、動体視力がハンパない菊丸にとっては・・・
無意識に全てのボールを目で追ってしまい
集中力と疲労が多く蓄積していったのです!

しかもこれを炎天下の中でやられたらなお一層疲れてしまうもの。

やはりえげつない、恐るべし策士・観月はじめ。

観月は自信たっぷりに、今頃気づいても遅い、
菊丸くんはこちらのペースに落ちた。

人間の集中力なんて時間が限られている、
例外などなどないと言いかけると・・・

リョーマと乾はニタ~としだします。

菊丸の顔つきが変わりラケットを腕で回し始めたのです!

これは彼の集中力が極限状態になったことだったでしょうか!?

やはりそう簡単に終わってもらっては困ります!