Genius141 芥川慈郎

弾いたボールが偶然に入ったとおもいきや
狙って打ってることがわかった!

氷帝の芥川慈郎はボレーの名手だった!

乾曰く、ジョン・マッケンローという
世界的な名プレイヤーに似ているといいます。

彼は手首が無類に柔らかいことから
自由自在に打点を捉えインパクトの瞬間にラケット面の
角度を変えることができるという神技の持ち主。

誰にも真似できなかった天才的なタッチに
ジローのプレーが似ているのです!

ゲームカウントはあっという間に1-1となります。

着地する方の足にピンポイントで返してくるのは
すごいと言いながらボレーなら誰にも負けねえと
強い自負を見せます。

弟の不二裕太もそのボレーに苦しめられていた。

決してスピードがあるボレーではないが、
予想外のところにボールを落とされてしまう。

ほとんど真横にポーンと打たれてしまうと
もはや間に合わないという感じです。

だからジローに前に出したらいけないと
裕太は思います。

どこに打ってもどんな体勢だろうと
的確に返してくるので彼もすごいの一言!

だが、不二周助は更にその上をいっていた!

第3ゲーム、ジローは全く前に出ることが出来ず
ベースラインに釘付け状態だった!

2-1と更にリードした不二。

氷帝側の観客はレベルが違いすぎると
ドン引きしています・・・(笑)

リョーマはまだまだだねと言いながら
不二に飲み物を手渡す。

それはどういう意味で言ってるのか
ちょっと気になりますね。

手塚は不二の実力はこの程度ではないと
言ってることから、リョーマは不二に対して
まだまだだねと言ったのかもしれません。

次はジローのサービスゲームなので、
ベースラインに足止めすることはできない。

サーブを打ってからすぐにネットまで駆け寄る
サーブ&ボレーというやつですね。

予想通り、ジローはネット際まで移動します!

が、不二は難なくポイントを決めます!

今度はジローのすぐ左下あたりを狙い
反応すらさせなかった!

このプレーにまたも氷帝側は凍りつく!

跡部もずっと怪訝な表情のまま。

彼も不二の実力は知っているのでしょう。

だから不二が全然本気じゃないことを悟り、
遊んでいることがわかってるんだと思います。

そして不二はリョーマにこんなことを言い出す。

つばめ返しと羆落としは見た事あるよね

これから見せるのが三種の返し球
(トリプルカウンター)最後の一つ…白鯨

いよいよ3つ目のカウンターが次回見られそうです!