Genius53 暗雲

次の青学の試合相手は聖ルドルフ学院!

さっそくそのオーダーが決まった模様。

ダブルス2 桃城武&海堂薫
ダブルス1 大石秀一郎&菊丸英二

シングルス3 越前リョーマ
シングルス2 不二周助
シングルス1 手塚国光

大体おなじみのオーダーですが、
ちょっと意外なのがダブルス2でしょうか。

そして聖ルドルフ学院がどんな相手なのか
乾の報告で少しだけ明らかになります。

なんでも地方から優秀な選手を集めて補強を図っており、
部長の赤澤吉朗は去年、青学の3年に勝った経験があるほどの実力。

あと不二周助の弟である不二裕太は、
左利き相手に対して徹底した練習を積んでおり
左殺しの異名を持つまでに至っているとのこと。

乾の予想では対手塚対策とのことだが・・・

そしてかなりやっかいだと踏んでるのが
マネージャーの観月はじめ。

彼は例の補強組のひとりらしいですね。

補強組は週に2日しか部活に来ていない代わりに
あとはスクールに通っている連中らしい。

それでは菊丸が言うように部活と呼べるのかって感じです(笑)

青学オーダーを知って不二裕太はかなりお怒りのご様子。

彼は打倒兄貴を常に狙っているのですが
どうやら聖ルドルフ学院のオーダーとずれたようです。

観月は向こうが逃げたようだといってますが、
狙い通りシングルス3にリョーマをもってきたと思ってることから
観月がわざと外したと思っていいでしょう。

裕太は不服ながらも了承しますが、
その1年があいつ(周助)なみに強くないと許しませんよ
とかなり燃え上がってます。

そしてやはり、観月はリョーマと裕太を当てたようです。

観月の調べによるとリョーマは左利きの選手との
試合経験がまるでないから裕太がうってつけというわけです。

まだ手塚には勝てないので
経験が浅いリョーマは確実に倒せると強い自負をみせる。

さらに部長の赤澤をあえてダブルスにあて、
ゴールデン・ペアを倒して士気をあげるという
狡猾なシナリオを組んでいたのです。

ダブルス2が6-2、ダブルス1が7-6、
シングルス3が6-4で勝てると予想しています。

この通りにならないことを祈りますが・・・

そして一番意外だったのが
観月がシングルス2に入ったこと!

てっきりマネージャーオンリーだと思っていたので、
どんなテニスをするのか非常に楽しみです!

ネットを挟んで向かい合う両陣営!

軽く挨拶をかわしたあとさっそく試合が始まりますが、
時間の関係でダブルスは2試合同時にやることになりました。

実際この場にいたら目移りして疲れそうです(笑)

最初の波乱は青学のあのコンビからはじまる・・・

実は桃城武と海堂薫は因縁のライバルで、
1年生のころから仲が悪かったらしいです。

よりによってお前とダブルスとはなと海堂がいうと、
桃城はそう腐るな海堂 補欠になって出られない
タカさんのことを考えろよというも、
海堂は寄るなといってラケットを桃城の顔にあてがいます。

どちらかというと桃城の方が大人の対応してると思います。

が、桃城もいてえよマムシといって
ケンカ寸前の状態となってしまいます・・・

目つきが二人共やばいので相当なライバルなのでしょう・・・

こんなんでダブルスなんてできるのでしょうか。