Genius211 データテニス崩壊

お前のテニスは見切った
もう俺には通用せん

柳がそう豪語する!

乾は自分のデータが間違ってるはずはないと
高速サーブで攻めるも簡単に返されてしまう。

そして球威に押されて失速すると読むも
その予想は当たらなかった・・・。

何故球威に押され失速しない?とお前は思う

違うか…貞治?

柳の方が一枚も二枚もうわてだった…。

前半に乾のプレイを観察し、
自分のデータを確信してから
一気に反撃に出るだけでなく、
乾のデータテニスそのものを崩そうとしていた…。

狙い球がことごとく返され、
ついに2-2と追いつかれてしまう…!

氷帝の忍足侑士は別格の強さだと思った。

彼によると柳は1年のときから
幸村・真田らと立海を全国優勝へ導いてきたそうです…

たしかにものすごい実力です…。

柳は乾に忠告する。

たしかに完璧なデータを取ってきたようだが
そのデータが逆にお前を束縛している。

お前にデータテニスを教えたのは誰だったかな!

ゲームカウントは3-2と柳がリードする!

青学は重苦しい空気が流れる。

名残惜しいが宴はおしまいだと柳が告げると、
お前も本気だったって事だな…教授と
少し笑って言い返す。

そして思い切った作戦に出る!

自分のデータテニスがすべて読まれてるのなら
たった今からデータを捨てる!と。

だが柳はいたって冷静にロブをあげ、
自分のプレイスタイルを捨てた者に勝利は無い
と言い放つ。

真田は勝負あったな…と思っていた。

が、乾は根性でその打球を捉え、
強力なスマッシュを放ちます!!!

そして俺は過去を凌駕する!

ここではじめて乾の瞳が顕(あらわ)になる!

実はかなりのイケメンだった!?