Genius338 悪魔

越前リョーマと遠山金太郎の熱い戦いが
繰り広げられている一方で、
もう一つの準決勝も波乱に満ちていた!

立海大付属VS名古屋星徳

王者立海がまさかの2連敗を喫していた…

シングルス3は柳生比呂士、
ダブルス2は丸井ブン太とジャッカル桑原。

それぞれ6-2、6-1と惨敗を喫していた…

そして第3試合…

切原赤也VSリリアデント・クラウザー

5-0でクラウザーがリード!!!

赤也は血まみれになり
フェンスが体の形に歪むほど
激しく叩きつけられていた・・・

いったい彼らはどんなテニスをしていたのだろうが…

王者立海の3人のバケモノを倒して
NO1になるのは俺と改めて思った瞬間…ボールが直撃!

その後も3連続ポイントを奪われ
名古屋星徳がマッチポイントを迎える…

もちろん赤也の目は充血しているが、
それでもこの圧倒的な差…

外国人留学生恐るべし・・・

そこでクラウザーはチームメイトに問う。

彼らは本当に昨年の王者なのか?と。

するとサングラスをかけたいかつい奴が
俺の国なら小学生でも勝てるぜと答えだす。

赤也はうつ伏せになりながら
柳生になんて言ったか聞くと…

全身が赤くなり髪が白くなったような感じに…

そうなってから赤也の怒涛の反撃が始まり
いっきにクラウザーを追い詰める!

血をかけて目眩ましをして
思いっきりスマッシュをぶつけるという
容赦ない攻撃にクラウザーは吹っ飛ぶ!

彼は悪魔(デビル)赤也と呼ばれた…

マッチポイントまで追い詰められながら
7-5と見事勝利を飾った赤也!

もしかしたら不二と白石の逆転劇より
凄い試合だったかもしれません…

次のシングルス1は柳蓮二と仁王雅治ペア。

柳は単に知識があるだけでなく
英語もペラペラのようです!

こんなテニス後進国の島国に我々が負けるハズはない

と、言う

違うか?

そう英語でいってのけグラサンを驚かす!

この時点ですでに立海ペースのような気がします…