Genius290 ダブルスの頂上対決!!

雨で中断となっていた全国大会が再開!

青学と氷帝の対決は第4試合のダブルス1、
菊丸・大石ペアと宍戸・鳳ペアです!

どちらもゴールデンペアと言われるほど
実力あるコンビ同士の対決です!

ちなみに昨日の時点で
準決勝進出を決めたのは立海大付属のみ。

トーナメント表を眺めている生徒たちは
青学と氷帝どちらが勝つか気になっている様子。

青学ってところと言ってることから
氷帝や立海と比べるとやはりまだまだ
知名度が低いのかもしれません。

試合は接戦となっていた!

3-3と全くの互角という感じで
青学はオーストラリアンフォーメーションに!

ここから一気に流れを掴む作戦のようだが
氷帝も負けじと新たなフォーメーションになる。

なんと後衛の鳳のすぐ前に
宍戸が立つという謎の陣形に!

一見すると前も右サイドもがら空きという
かなりアグレッシブな状況に見えますが…
何をしてくるか予想できません。

大石は奇策に奇策をぶつけて
混乱させるつもりだと読みます。

大石のサーブから始まり、
菊丸がジャンピングショットを打つ体制に!

だが、宍戸がネット際に詰めてきます!

菊丸はロブを打つかクロスを打つか悩むが
右サイドが空いてることからクロスを選択。

だが、宍戸はそこに打つしかねーんだよと
明らかにクロスを先読みしていた!

動くことによって敵の選択肢を無くし
打つべきコースを限定させる陣形らしく
オーストラリアンフォーメーション封じも兼ねていた!

しかし、大石はそう簡単には出し抜けない!

ラケットを地面にこすりつけ
カラカラと音を立てます!

そう、ムーンボレーです!

まだまだ試合は中盤戦なので
どちらが優勢かもわからない感じです!