Genius1「越前リョーマ」

人気テニス漫画のテニスの王子様。
竜崎桜乃という少女が電車に乗ってるところからはじまります。
高校生4人組の中になぜか囲まれるように座ってて焦ってます。

そこに当作品の主人公、越前リョーマが登場!

うるさい高校生に注意しつつ
グリップの握り方を皮肉たっぷりに教える。

この皮肉たっぷりな言い方がいいですね(笑)

それから桜乃はリョーマにテニスの試合会場の方向を教えますが、
間違って教えてリョーマは失格になってしまう。

わずか5分の遅刻でも失格になるので厳しいですね。

まあスポーツの大会ってみんなそんなものなんでしょう。

で、リョーマが桜乃と一緒に
自動販売機の前にいるとさっきの高校生が登場。

リーダー気取りのロン毛野郎は佐々部という名で、
リョーマは佐々部の挑発に挑発で返して試合をすることに。

会話の内容から一応仲間内の中ではテニスはうまいほうらしいが、
リョーマの敵ではないですね(笑)

でもこういう奴は大抵せこいもの。

速攻で追い詰めるがセルフジャッジなのをいいことに
ボールが入っていないのにアウトと言い出す佐々部。

この漫画のキャラは異常にテニスが上手い人ばかりでますが、
弱い奴は高校になってもとことん弱い模様(笑)

でもリョーマはせこい手にも屈せずライン際に止めたりして対策し、
トドメにツイストサーブをぶちかまします。

ここが今回の話で一番気持ちのいいところですね!

最後はツイストサーブを打つとみせかけて
ポーンとやさしく打って楽勝勝ち。

途中ラケットを投げられて怪我をしますが、
毅然と向き合ってまだまだだね。の名台詞が出ます。

まだやると言い出した佐々部だったが、
ワキで見ていた竜崎スミレがリョーマの正体をあかし、
あと左利きであることもわかります!

いままで右腕でプレイしていたんです!

ちなみにリョーマはこのときまだ12歳で中1になったばかり。