Genius182 ファーストコンタクト

もうひとつの準決勝である不動峰VS立海大付属。

リョーマはその試合結果を見て唖然とする…。

不動峰が3試合で1ゲームしか取れておらず、
全国区プレーヤーである橘でさえボロ負け…。

リョーマの後ろを通り過ぎる立海大付属の面々。

気付いていないのかスルーしてるのか微妙ですが
ものすごい貫禄があるのも確かである。

リョーマは思わず拳を握る…。

そして、海堂と葵の試合へ。

葵剣太郎はコードボールを連発してきて、
あっという間に4-4と追いついてきた!

このときには青学レギュラー陣も
彼の凄さに十分すぎるくらい気付いていた。

コードボールを狙って打ってること、
ここぞというときに発揮する集中力。

剣太郎は相変わらず自分にプレッシャーをかけながら
コードボールを狙ってきます。

当たって入んなかったら
3年間ブスな女の子に言い寄られると
ストイックな設定を自分に課し、
嫌だ!と言いながら決めてきます!

正直ホッとする剣太郎(笑)

ほんとプレッシャーに強いと思いますが
恋愛関係の設定が多いですね(笑)

でも次はめずらしく真面目?な設定。

ネットインさせた上にサイドライン上に落とすという
難しいルールですが、それが出来なきゃ
この試合負けると思い込みます!

何てボクって凄い そして…
ライン上へ落ちろーっ!!

と大きな掛け声をだします。

するとボールは吸い込まれるように
サイドライン上へ落ちていく。

剣太郎はニヤッとします。

が、ずっとやられたままの彼ではない!

海堂はふざけるなー!と言いながら
ブーメランスネイクらしきショットで返します!

そしてポールに頭を強打してしまい流血するが、
悪いが…俺もプレッシャーには強ぇーんだよ
と言いながらギロッと睨みつける。

すごい迫力です!

このシチュエーションはリョーマが不動峰の
伊武深司で怪我をしたときと似ています!

ここから流れが変わるような気がします!