Genius297 激突!!越前リョーマVS跡部景吾

ついに実現したリョーマと跡部の試合!

両者ともに構えに入るが、
なかなか試合が始まらない。

もちろんためらっているわけではなく
二人の中ではラリーが始まっているらしい…

まるで将棋のように
相手の動きを読んでいるのでしょうか…

ジローはなぜか寝ているのだが、
その鼻提灯が割れた瞬間!

ついに試合が始まりました!

まずは跡部のサーブから始まり、
最初に仕掛けたのはリョーマです!

2打球目で早くもドライブBを放ちます!

だが、跡部はそれをあっさり返します!

これまでなかった展開です。

バウンドがすごすぎるのかスピードが速すぎるのか
多くの選手はそれを返すどころではありません。

さすが跡部という感じですが
リョーマはさらに技を放ちます!

連続でドライブBを放つ新技、ドライブD!

これでリョーマが先制しますが
跡部は全く取る素振りを見せず不気味です。

どうやらアレを期待しているようです。

そう、無我の境地です!

それを使えと言うほど自信がある者はそういない!

でもリョーマはやだと拒否りますが
跡部は引きずり出してやるよと挑発し…

タンホイザーサーブを放つ!!!

地面を全く跳ねない反則レベルの技で、
リョーマのCOOLドライブを彷彿とさせる…

以前、跡部が練習で見せていた技ですね…

それをサーブでやってのける彼の才能も計り知れない。

それから4連続でタンホイザーサーブを決め
あっという間に1ゲームを先取してしまった!

それに触発されたのか…
リョーマが早くも無我の境地を発動させる!

英語でまだまだだねと言い放つリョーマ!

だがこの展開は少々嫌な予感がします。