Genius205 紳士と詐欺師

ゴールデンペアすら反応できないショット、
柳生の一撃必殺・レーザービーム!

これで流れが一気に変わってしまい、
青学レギュラー陣もかなりヤバイ状況だと実感する。

それであっという間に立海が追いついてきます。

その勢いは止まらずゲームカウントは2-1に!

スピードボールに意地になって応戦しても
レーザーを止めることはかなわなかった…。

ただ、2人はレーザーの速さに目が慣れ始めていた!

あえて緩急を使わずスピードボールで挑んだのは
レーザービームの速さに菊丸の目を慣れさせるため!

柳生は大石をおそるべしと思うのであった。

青学側の応援も力が入ってきます!

そしてついに菊丸はレーザービームを捉えます!

さらにそのゲームもとって
2-2と互角の戦いを繰り広げます!

さらに今度はオーストラリアンフォーメーションで
立海側の人間を驚かせます!

完全に立海の動きを読んで打ち返し、
流れが再び青学に傾きかけようとしたその時!

ふたたびレーザービームの魔の手が…

読んでようと捕れない打球があるじゃんよ
ねえ 柳生先輩…

切原赤也のその意味深な発言には…
とんでもないことが隠されていた!

今のレーザービームを打ったのは仁王…

いや、柳生だった!

柳生と思われていた人物は、
実は仁王が変装していたのです!

仁王はコート上のペテン師と言われる男。

まんまと騙されてしまいました!