Genius259 ゴーヤ嫌い

リョーマは見事全国での1勝をあげ
先輩たちに囲まれて祝福されます!

そのときリョーマは先輩達、
負けないで下さいよと釘を差したので
桃城に蹴飛ばされてしまう(笑)

ギリギリだったくせにと言われてしまうが
たしかに試合の結果はその通りだった。

7-6とタイブレークにまでもつれ込んだので
沖縄の実力は確かなのです。

今大会のダークホースと言われるほどです。

でも全体的に人間性はかなりやばいチームです。

年寄りに平気でボールをぶつけるほどの
卑劣な奴等を絶対に許すわけにはいかないと
河村と不二は意気込む。

次のダブルス2は彼らの出番です!

沖縄の選手の1人は3年の平古場凛。

あんなデブ使うなっていったろー永四郎といいながら
フェンスに足をかけさっそうと登場する。

木手永四郎はそういう言い方は止めなさいよ…
平古場クン ゴーヤくわすよと注意する。

彼はゴーヤが嫌いな
サラサラした金髪のイケメンのようだが…

試合は河村のバーニングサーブから始まる!

打ち返す直前、
何やら永四郎が平古場が指示を出す。

ちぇっやんのかよと思いつつも
ゴーヤを食わされたくないからと
さっさとその指示に従う。

明らかに不二の顔面を狙うようなショットを打つ!

不二はなんとか打ち返すも
相手のチャンスボールになってしまう。

が、打った先はコートではなかった。

狙いは最初から竜崎だった!

指示を出していたことから
本当にやばいやつはやはりキャプテンかもしれない。

だが、これ以上犠牲者はゴメンだと
河村が竜崎の前までダイブして打ち返す!!!

幸い、誰も怪我をせずに済んだのだが
もはやそんな問題では済まされない。

不二は聞く。

これがキミ達のテニスなのかい?
だったら絶対に敗ける訳にはいかない!

平古場は余裕の表情で
やって貰おうさぁと言い放つ。

やはり一癖も二癖もあるような人物。

この試合も絶対に勝ってほしいと思います!