Genius65 誤算

青学VSルドルフのダブルス2も佳境へ突入!

といってもまだ3-2なのでまだまだ続きそうですが…

デュースアゲインが何度も繰り返す中、
海堂がレシーバーでもないのにかなり後ろへ下がります。

これはまさしくスネイクを打つ前兆です!

相手も待ってましたと言わんばかりに
特訓の成果を見せようと意気込みます。

桃城は木更津のサーブを打ち返すと
すかさずリターンダッシュします!

かまうことはねえ!ぶちかましてやれ!と言いながら。

コートの前面に出たことでうまく海堂の方へ
ボールを誘うことに成功します。

周囲もスネイクに大いに期待します!

観月は目をつぶりながらどうぞご自由にと余裕の表情を見せます。

でも、不動峰の神尾だけは察知していた。

あれはスネイクじゃない!と。

ということ・・・

シュオオオオ!!!という効果音で放たれたショットは…

審判が座る台の下を通りぬけて相手のコートへ!!

そう、これはブーメランスネイクです!

これにはルドルフ陣営は一番驚かされたでしょう!

観月は登場してから最も大きく目を見開いて驚きます!

ルドルフ側のコート外からはあれOKなのか!?
あんなの返せねえよと文句を垂れます。

まあたしかに反則レベルのすごいショットなので
そう言いたくなるのも無理はありません(笑)

観月は当然のことながらポール回しについても
調べあげていたらしいが、それによりかえって驚くことに。

地区予選では足を滑らせて打った偶然のショットであり、
あのとき1回キリのショットだったから
まさか打つとは思っていなかったのです。

でもリョーマはまだまだだね、

それ未完成なんでしょ?と言い放つ。

海堂もそれを自覚しており当たり前だと応えます。

シングルスコートに入ってこそ100%の出来だと。

実はさっきのブーメランスネイクは
アレイ(コート両サイドの狭いエリア)の
中間あたりに落ちているので、
まだシングルスコートまで若干距離があります。

でもこれはまだ成長の余地があるということ。

今後の彼の成長ぶりがとても楽しみです!

そしてリョーマはそっけなくアップをしにいくのであった(笑)

で、乾が海堂をダブルスに入れた理由は
ブーメランスネイクだけではなかった。

それを見て燃える奴がいる、と。

そう桃城武です!

今度は彼のすごいプレイが見られるのでしょうか!

今回は大きなコマ割りが多かったので話はあっという間に終わり。

続きは次回に持越し。