Genius142 白鯨

不二はリョーマに宣言しました。

トリプルカウンターの最後のひとつを見せると!

青学側の観客の耳にもそれが入ったらしく、
大騒ぎになります!

しかし、その誰もが見たことがない様子でした。

おそらく最もレアなショットなのでしょう。

いつもの1年生3人組が言うように、
今回もかなりすごそうな予感がします。

ツバメ、ヒグマときて最後はクジラ。

共通点があるのかないのか不明ですが
とにかく楽しみです。

ジローは相変わらず相手が強いほど
喜んでいる感じですが、
サービスは絶対キープっしょ!!と
強い意気込みも顕在。

今度はそんなに前にボールを出して打てるのか、
というくらいかなり前方にボールをトスして
サーブを打ちます。

い”いっ!!と樺地の声真似をしながら(笑)

前にトスしたのはより早くネットにつくためだった。

打点が前でも打てるスライスサーブに切り替えることで
ネットにきっちりつくことでダッシュ中の足元への
パッシングを防いだのだと乾は言います。

さすがはボレーの名手といったところです。

相当な自信がないとできないことかもしれません。

しかし、彼の見せ場は全くなかった!

不二が返した打球はジローのすぐ前方で
グワッと上空に舞い上がります!

一見するとオーバーに見えるボールですが…
レギュラー達はそれがふつうとは違うことに気づく。

跡部も何かに気付いたらしく、
ジロー!!と大声で呼びかけます。

太陽からまっすぐ落ちてきたような打球は
何やら回転がかかっている模様。

それがベースラインすぐ手前に落ちると…
なんとジローの肩をかすめるように
ボールが不二の元へと戻っていったのです!

そのボールを不二は余裕な感じで手でキャッチする。

これこそが白鯨!

この神技にジローをはじめ観客達も驚きを隠せず
シーンとなってしまう。

リョーマも冷や汗をかくほど驚いています!

不二は、さあもう一球いこうか…風の止まないうちに
といってることからどうやら風が関係してそうです。

この話の冒頭から風がやけに誇張されていたのは
それが理由なのでしょう!