Genius305 初の敗北

両者とも体力が底を尽きかけたが…

最初に起き上がったのは氷帝・跡部!!!

もちろん会場は氷帝コール一色に!!

チェンジコートの際、与えられる時間は90秒。

あと12秒以内にリョーマがサーブを打たなければ
ポイントは跡部に入ってしまう。

リョーマは倒れているときに
先輩達から学んだことを思い返していた。

桃城には曲げない心の強さ

海堂には決して諦めない精神

河村には努力と思いやり

菊丸には気分屋なとこ?

大石には責任感

乾にはデータ?

不二には勝負の駆け引き

そして手塚には強き意志を。

それらを思い出し、
青学は頂点へ行くんだと強く思い、
リョーマは目を開き立ち上がる!!!

この時点で時間はあと6秒まで迫っていた…

だがあと1秒のところで
十八番のツイストサーブを放ちます!!!

俺は青学の柱になる!!と強く宣言しながら!

すると…ツイストサーブは
跡部の顔のすぐ横を素通りしていった…

跡部はなんと気を失っていた…

それでなお君臨する姿はあっぱれ。

リョーマでもすごいと思う姿だった。

これで118-117でリョーマがリードし、
そして次の20秒が経過し…試合が決します!!!

ゲームセットウォンバイ越前リョーマ!7-6!

青学が見事準決勝進出です!!!

みんなリョーマにかけより喜びを分かち合います!

ほんとすごい試合でした!

おそらく歴史に残る名勝負となったでしょう!

リョーマはこのあとすぐ実行に移します。

気を失っているところ悪いんだけどと前置きし、
バリカンを取り出す!

どこから持ってきたのか、
というか誰が持ってきたのか!

用意が良すぎです(笑)

氷帝メンバーは止めるも
かまわず跡部の髪を刈ってしまうリョーマ!

まさに鬼(笑)

何はともあれ、
これで青学は全国ベスト4の実力校になりました!

全国制覇まであと2試合を残すのみだが
まだまだ波乱が続きそうな予感がします。