Genius278 気持ちに火をつけろ

見事桃城に勝利した忍足だったが、
最後のダンクスマッシュを受けたことで
右手が痺れて感覚がなくなっていた。

もし、最後のロブ(羆落とし)が入らなかったから…
状況は変わっていたかもしれません。

大石に肩を借りて戻る桃城は、
涙目でみんなすまねぇと詫ます。

もちろん彼を責める人は誰もいない。

それどころか乾はナイスゲームと賞賛し
おかげで火のついた男が若干いてね、
とても止められそうにないと告げる!

すでに海堂の顔は試合モードといわんばかりの
真剣な表情になっていた!

次の試合はダブルス2!

対する氷帝は日吉若と向日岳人ペア!

向日はお前らが負ける確率100%だと豪語し、
海堂がデタラメ言ってんじゃねーぞコラ!と
ラケットを振りかざすと…

向日はいきなりアクロバティックを披露する!

そして海堂のラケットは日吉によって止められていた。

まだ仕舞っとけと海堂に忠告し、
上には上がいることを教えてやると
向日は強い自信を示す。

ゲームは青学のサーブから始まります!

するとボールを構えた乾は気づく。

日吉が演武テニス、
向日もムーンサルト殺法の構えを見せる!

彼らはいきなり本気モードできたと思われます!

だが青学側も負けていない!

海堂がベースラインまで下がり、
ゆらゆらする構えを見せる!

そして乾は…

超強烈なサーブを放つ!!!!!

まるで大砲か極太レーザーが打ち込まれたかのような
ものすごいサーブです!

氷帝のふたりは打ち返すどころか
呆然と立ち尽くすことしかできていなかった…

火の付いた男が若干いると言ったろ

もはや火どころではない気がします!(笑)