Genius317 不二必死

リョーマがいきなりコートに入ってきて
不二に本気でやってよと要望。

四天宝寺のメンバーはもうだめやろと思っていたが
不二の目はまだまだ死んではいない!

このまま負けたら悔しいからと
また立ち上がり勝負に挑む!

マッチポイントという絶体絶命のピンチ状態から
いったいどうやって立て直すのか見ものです。

四天宝寺側はあと一球コールで盛り上がり、
白石がこれで最後といわんばかりのサーブを打つ。

不二をっらぁ!!と気合の一声でそれを打ち返す!

明らかにこれまでとは本気度が違うように見えます。

白石は今更必死になってどないするんと思い、
がむしゃらになって流れが変わるほど
テニスは甘ないでぇ!と不二に忠告する。

不二はやってみなきゃわからないよ!!と
一歩も引く様子は見られない。

その後も大きな掛け声と共にラリーを続ける不二の姿に
青学メンバーは驚きの表情を見せます。

彼は普段物静かな雰囲気ですのでギャップが激しい。

そしてついに1ポイント返します!

ここにきて粘る不二を面白い男と賞賛しつつも
もっと早くがむしゃらさを見せていたら
もっといい試合になっていたのにと思う白石は…

手首をクイッと曲げフェイント気味のショットを放つ!

まさにトドメの一発のつもりだったが、
不二はまだ粘ります!

ネット際に迫る白石の猛攻は続くが、
またもギリギリのところで粘ります!

今後はフワッと浮いたチャンスボールとなり
さすがにもうダメか…という状況に…

もちろん白石はスマッシュを打つのだが
それすら不二は根性で返します!

全国優勝が願い!
だから絶対に負けられない!と
さらにポイントを決めます!!!

ここで不二がよし!とガッツポーズを見せる!

流れがようやく不二に傾き始めたか!?

会場の奥には千歳兄妹がいた。

ミユキも東京に来ていたんですね。