Genius362 不二周助最大の壁
~2番手として~

手塚のイリュージョンを発動させた仁王と
不二周助のハイレベルな戦いが続く!

つばめ返しを百錬自得の極みで倍返し!

さらにその回転を蜉蝣包みで無効化!

だが仁王は体を回転させて
後ろ向きでその打球を返すという
アクロバティックなプレイでポイントを奪う!

これで4-4の同点になってしまった!

ここで、あの日の秘密が明かされる。

手塚と不二は1年生のころに
戦う約束をして対戦したことがあった。

だが、そのとき手塚は
先輩に肘を殴られた直後だったので
本領を発揮できなかったのです。

だから不二が圧勝していたのです。

そんなことで約束を果たされても
全く嬉しくないと手塚を攻めたのです。

いつかキミの腕が完全に治ったら
もう一度試合をしよう。

そうは思っていたものの、
対戦が実現することはなかった。

試合をするチャンスはいくらでもあったハズなので
実現しなかったのは不二自身が無意識に
避けていたかもしれないと思っていた。

どちらが上か決着がついてしまうのが
怖かったからだそうです。

その気持ちはなんとなくわかる気がします。

そんなことを想いながら
不二はヘカトンケイルの門番を放つ!

が、ついにそれすら完璧に破られてしまう!

白石のときと違って
完全にネットを超えられてしまっています…

しかもコーナーギリギリ!

ついに全てのカウンターを返された不二…

幸村は不二をずっと2番手に甘んじてきたことを
熟知しており手塚は超えられないと思っていた。

立海にとってはこれ以上ない作戦かもしれません。

ゲームは5-4と逆転を許してしまい、
零式サーブを打たれたら一貫の終わりという状況。

ここで仁王は才気煥発の極みまで発動!

6球目と絶対予告をする!

気になるのは1球目ではないこと。

そして、その予告は当たらなかったこと!

6球を超えてるのに打ち合いが続いていたのは…

不二が目を閉じていることに秘密があった!

不二は思った。

手塚を相手に自分の全てを賭けて戦う時が
いつか来るような気がしていたと。

この試合、まだまだわかりません!