Genius333 百錬自得VS才気煥発

無我の奥の扉である百錬自得の極みと才気煥発の極み。

夢と言っても過言ではない対決がついに始まります!

無我の爆発力を左手一本に集中し
回転・威力を倍返しする百錬自得の極み。

一球ごとの戦闘パターンを
瞬時にシミュレートし最短何球目で決まるかを
見ることができる才気煥発の極み。

いったいどちらが勝つのか。

会場の誰もが固唾を呑んで見守ります。

最初の千歳が読んだ打数は・・・

やれやれというほどの数だった。

42球!

千歳は突破じめから神隠しを放ち全力モード!

瞬時に飛び上がることで消える魔球になる神業だが
手塚はそれを難なく打ち返す!

もちろん同じ技を倍の強さで!

千歳もまた同じく余裕で返します!

自身の技ということで軌道はお手の物。

調子に乗った四天宝寺のギャラリーたちは
42球もいらんと言い放ちますが、
対する手塚は手塚ゾーンを使い黙らせる!

ここで時間がかかりすぎと文句を言いだした財前が
ポーチに入るが打球は瞬時にどこかへ消える!

全く触れることすらできないことに財前は驚愕。

乾は止めておいたほうがいい、
俺達の入れる領域じゃあ無いと忠告する。

そして打数は42球目へ!

手塚は難なく返すも惜しくもアウトとなり、
千歳の宣言通りになる!

こんな神がかった打ち合いに
見に来ていた氷帝の忍足と向日も驚くばかり。

短髪になった跡部はただじっと見つめるのみ。

地味に樺地も髪をきってボウズになっているが…(笑)