Genius128 乾・海堂ペア

前半はかなり危なかったですが
見事忍足・向日ペアに勝利した桃城・菊丸ペア!

6-4で勝ったということは
6ゲーム連取したことになります!

急造コンビといえど見事な戦いでした!

桃がよく動いてくれたから勝てた、
俺たちだけじゃ勝てなかったと
大石も笑顔で認めます。

青学は大きな一勝をつかんで大盛り上がりですが、
氷帝は負けムードが漂っていた。

そこに宍戸が応援部員に向かって喝をいれる!

おらぁうろたえてんじゃねーぞ!
勝つのは氷帝だろうが!!

気合入れて応援しろアホ!と。

それを聞いた跡部は不動峰の橘に負けたことで
でかくなったと思うのであった。

再び応援に熱が入り始める氷帝学園。

そしてダブルス1の試合が始まります!

青学は乾・海堂ペアで、
対する氷帝は宍戸と2年の鳳長太郎のペアです。

乾は宍戸のライジングを警戒してますが
もう一つの脅威に思い知らさせることになる。

一球入魂

その掛け声で放たれた鳳のサーブは
とんでもなく速かった!

乾も海堂も全く反応できないほどの速さ!

1度ダブルフォルトになるも、
その後もポイントをとられまくる青学!

あっという間に40-15と追いつめられてしまう!

コントロールは少々難があるようですが、
今日は調子がいいそうでほとんど問題にはならなそう…

跡部は樺地くらいしか取れないだろうと豪語する
鳳の必殺サーブはスカッドサーブと言われる。

青学はサーブだけで1ゲーム取られてしまった!

それだけで正レギュラーを勝ち取ったというから
とんでもない2年生が相手にもいたものです…

あんなサーブを決められたら今のゲームは仕方がないな
と乾が言うと海堂は反論します。

仕方がない?何言ってんすか先輩!

オレは引く気はねぇスよ!

まずは奴等をだまらせるぜ

そういうとベースラインより後ろに構え
ユラ~ンとしだす海堂!

さっそく出す気ですねこれは!

それにしても気になるのは、
一度海堂がダブルスを組むことを断っていたこと。

どういう理由で二人が組むことになったのか。

次回はその点も注目しましょう。