Genius99 ジャックナイフ

疲労により左足が痙攣しだした桃城武。

相手はジュニア選抜の千石清純という強敵で
かなりのピンチと思われたそのとき!

桃は右足だけでジャンプして
強力なバックハンドショットを打ちます!

これはジャックナイフという技だった!

ものすごいスピードで常人には全く見えない打球ですが、
千石は優れた動体視力の持ち主。

なんとかボールを見ることに成功し、
またもスイートスポットでボールを捉える!

が、千石のラケットが宙を舞った!

彼の打った時の感想は重い鉛球を打った感じ。

よくガットがいかれなかったと思います…(笑)

ジャックナイフは体の重心を軸に振り子の原理を使い、
前足に体重を乗せジャンプしながら打つというもので
クレーコート育ちのトッププロがよく使う技だそうです。

さらに桃はボールをギリギリまで溜めてから放つことで
更に重い球に変化させたのです。

千石が言うように中学生が打つ球ではない!
というか部分的にはプロをも凌ぐことをやってるかもしれません…。

これこそ桃流のジャックナイフ。

このような土壇場で完成したと表現されてるので
密かに練習していたのかもしれないですね!

桃はそれからジャックナイフを連発し
ゲームカウントはあっという間に5-4となり追いつきつつあった。

さすがの千石も危機感を覚えます。

左足が痙攣しているのが信じられないようで
不死身か?と思ってしまうほど。

次は千石のサービスゲームなので虎砲で一気に攻めますが、
桃はすでにそのサーブは攻略してます。

ジャックナイフで難なく虎砲を打ち返す!

・・・するとネットの端に当たってボールが運良く相手側へ!

千石のお株すら味方につけた桃城はその後もどんどん攻めます。

勢いがついてきたといっても左足はとっくに限界を超えてるので
どちらにしろピンチなことは変わりありません。

そして・・・ゲームセット!

桃城は大の字になって横たわり、
千石はラケットを肩に乗せて余裕の表情を見せる…。

これはパッと見では桃城が負けたように見えますが、
右手を上げてグッと拳を握ります。

これの意味するところは次回明らかになります。