Genius176 返してきた…

不二が無回転であるシンカーを
ラケットの面を利用して回転を与え、
つばめ返しを放ちます!

菊丸はポイントゲットを確信してか、
後ろを向いて不二にナイスと言いますが…

その直後、相手ボールがネットにポスっと当たる…

青学のポイントになったので
ギャラリーたちは大盛り上がりでしたが
レギュラー陣は驚いていた。

つばめ返しは本来返せる技ではないから。

完璧に決まれば打球は弾まないから
打ち返すことはまず出来ないはずなのです。

自ら作る回転数では若干不足していたことから
若干ボールが浮いてしまったと考えられる。

それを見逃さない樹もまたすごい選手です。

不二は再度つばめ返しの体制に入ります!

ここで六角中の過去の一場面が挿入される。

六角中はある砂浜で潮干狩りをしていた時のこと。

バケツいっぱいにアサリを獲りまくるメンバーに対し
樹だけは大物のハマグリばかり狙っていた。

それを見た葵剣太郎はいっちゃんには
敵わねーよなと言うのであった。

つばめ返しを再度打った不二だったが、
佐伯は冷静に樹にアドバイスを送る。

不二はラケット面を今度は盾に使ってきたよ!

さっきより回転はかかっているが
必要回転数には足りない

ほんの少しだがまた浮くぞ!!

樹ちゃん 姿勢を低く、と。

すると樹は潮干狩りをしていた時のように
地面にかなり顔を近づける体制になり、
見事に打球を捉える!!

そして完全につばめ返しを打ち返してみせます!

独特の鼻息もいつも以上に多い!(笑)

樹はそれでも安心せず、
奴は天才・不二周助だから
もう一球打ってくると警戒していた。

が、今度は佐伯がみせる!

不二の打球をドロップショットで打ち返し
見事決めてきたのです。

菊丸は佐伯をフリーにしてしまっていた…。

これはなかなかの強敵です!