Genius183 海堂薫のテニス

海堂は根性で葵剣太郎のコードボールを
打ち返したことでポールに頭を強打し
流血してしまいます。

竜崎が手当をするというも、
海堂はバンダナを巻くだけで対処する。

あの時のリョーマの光景を思い出しながら…。

そして海堂は剣太郎の戦い方には
何か確固たる信念があるから気に入った模様。

剣太郎はありがとさん角と言う余裕があります。

海堂は俺流のテニスで貴様を倒すと宣言する。

流血してるから迫力が一段とあります…!

怪我で気合が入ったのか、
スネイクの威力が上がり始めていた!

剣太郎もまだまだ粘りますが
すごい気迫に押され気味になり、
簡単にコードボールも狙えない状況になる。

ゲームカウントは6-5となり海堂がリードします!

今度はマジで追い詰められる状況になった剣太郎だが
さすがはプレッシャーに強い人物。

この大ピンチを再度逆転することができたら…と
またもポテンシャルを発揮しようとしていた!

剣太郎はここにきてコードボールを狙いにきます!

が、今度はボール半個分届かなかった…。

体力が落ちればコントロールは鈍るというもの。

その体力の落ちた敵を
ジワジワいたぶるのが海堂のテニス!

その後も激しい攻防が続く。

桃城はそれを見てやっぱマムシとは
やりたくねーな やりたくねーよと言うのであった。

確かにそう思う人が多いかもしれないですね…。
体力づくりにはもってこいな相手かもですが(笑)

そしてそのまま海堂が勝利!
ゲームカウントは7-5!

青学陣からは歓声が沸き起こります!

海堂は竜崎に肩を借り軽く説教されます…(笑)

そこにリョーマがアップから帰ってきます。

リョーマは喜ぶどころか試合結果すら聞かず、
真っ先に大石にこう質問する。

不動峰の橘さんって…全国区ッスよね、と。

大石は、モチロンだ!
手塚と同レベルの実力者だ
彼は本当に強いと答えます。

それを聞いて黙りこむリョーマ…。

その表情は真剣そのもの。

いったい立海大付属とはどれくらい強いのか…。