Genius280 確率…100%

氷帝はダブルス2でも青学を苦しめる。

向日は関東大会で飛ばしすぎたことで敗北したが
それを教訓にしてきたのです。

短期決戦型の日吉と組ますことで
体力が落ちる前に決着をつける作戦にでたのです。

いまのところ青学は乾のサーブでしか取れておらず
あと1ゲーム取られたら負けという厳しい状況。

向日の体力はまだ残っており、
二人共最後まで気を抜く気はない。

全国出場を俺達は誰よりも喜んだ
お前ら青学に下克上出来るんだからな!

そもそも全国大会に居るべき学校は青学じゃない
俺等氷帝なんだよ!

二人の想いは半端なく強い!

そしてついにマッチポイントを向かえた氷帝!

もう氷帝応援団はあと一球あと一球!と
勝つのが当然なムードになっていた。

が、監督の榊は警戒する。

向日と日吉はすごい量の汗をかいていた…

すんなりマッチポイントまで来たように見えたが
いつのまにか海堂によって体力が削られていたのです!

短期決戦に見えていた試合は
いつの間にか持久戦になっていた!

マッチポイントになりながらも
なかなか決めることができない氷帝。

そこでダブルポーチで一気に攻め立てます!

だが、それは乾の予想の範囲内だった!

ダブルポーチでくる確率100%

乾は絶妙なロブをあげる!

向日は万事休すかと思ったが、
日吉は向日の肩を借りて大きくジャンプします!

見事ボールにぎりぎり届く!

だがそれも乾のデータの範囲内だった!

そして海堂の新技…

トルネードスネイクが決まる確率も…100%だ

螺旋を描くとんでもない技!
もはやそれの詳しい情報は説明されません!

その後も間髪入れず攻める青学。

もはやその二人と戦う体力は残っていなかった。

ゲームセット青学7-5!!!

見事な逆転劇でした!