Genius17 お手やわらかに

冒頭はミツマルスポーツというスポーツ店の場面からスタート。

そこは青春学園のレギュラー専用ジャージを
仕立ててるお店だそうですが、
今年はSサイズがあることに店主が驚きます。

何かの間違いじゃないかと。

そう思ってるときにお客さんが入ってきます。

場面はうつって青春台テニスクラブ。

そこはぼっちゃんカットのカチローの父が運営するテニスクラブで
かなりの広さがあるようです。

今回はカチローとカツオと堀尾とリョーマと、
いつもの1年生4人組で話が進みます。

カチローの父は口ひげが似合うノリがいい優しそうな方で、
特別にコートの一面を使わせてくれるそうです。

そこまでは穏やかでよかったのですが・・・
また恒例のむかつく奴が登場します。

今度のむかつく奴は無精髭で目つきが悪い上に
かなり偉そうなおっさんというやっかいそうなキャラ。

カチローの父さんに昼からのレッスンを頼むよと
いってきたまではよかったのですが、
遠いFコートを拒否してここのAコートでいいだろう、
なんでFコートまで歩かなきゃいかんのだ、このワシが!

こんな感じです。むかつくでしょ?(笑)

しかも重い荷物を持たせて汚れるから下に置くなよという始末。

そんなこんなで練習をする4人でしたが、
堀尾がバテてきたころにAコートの方で大声が聞こえてきます。

さっきのむかつくおっさん(佐々部)です。

なんとこの親父。準備体操はいいから早くゴーカイな
トップスピンとか教えろといってきたのです。

肉離れの予防のためと説明しても、
おいおい、その辺のやわな奴らと一緒にされちゃ困るよー!
と口走ります。

まだまだ佐々部の悪口は終わりません。

あんた、怪我が原因でプロへの転向を諦めたそうだな?
自分のことを棚に上げてえらそうに

さっきの男の子、あんたの息子だろ?

青学に入ったそうだがダメダメ。
3年間球ひろい止まりだろうな

言うだろう 蛙の子は蛙って

ワシの下の息子は柿の木坂東中テニス部部長だ

最近妙な噂をきいたぞ
青学は1年がレギュラーに入ったとか
あそこも落ちたな ハハハハ

・・・書いてるだけでイライラしてきます(-_-メ)

こういう人間は残念ながらリアルでもいるんですよね~
嘆かわしいことです。

ちなみに佐々部の他に名前の設定はなさそうですが
ガラの悪いやつが3人いて一緒にゲラゲラ笑ってます。

どいつもこいつも人としてどうなのレベルの人間だと思います。

さっきまでは何も言えなかったカチローの父ですが
息子とその学校について悪口を言われたことでさすがにカチンときて、
黙ってませんよとしっかり言葉で伝えます。

すると佐々部は逆ギレして客に向かってなんだその態度は。
シャレの通じん奴だ、今日のレッスンはキャンセルだとか言い出します。

ほんと救えない奴です。

カチローと父は顔を合わせてガッツポーズをして
なんとか耐えたことを静かに讃え合います。

そしてカチローファザーはみんなにジュースをご馳走してあげますが、
その間リョーマは行動に移します。

ねえ、そこのおっさんたち テニス教えてくんない?

そういって試合をふっかけて・・・・

次のページに移る頃にはすでに全てが終わってます。

こいつらはリョーマから1ゲームどころか
1ポイントすら取れないで試合が終わったらしい(笑)

すばらしいの一言ですね!

その試合を見たい気もしなくもないですが、
あんな人間の試合風景は映す価値なしってことでいいでしょう(笑)

佐々部はおまけに肉離れを起こす、

そしてリョーマは青学レギュラージャージの上着に
バサッとかっこよく着替えます。

それを見た佐々部は最近入った青学レギュラーの1年が誰かを察します。

ちゃんとアップしないから肉離れするんだよ。

(カチローに父に向かって)ね、おじさん。

今回の話はここでおしまい。

スッキリ出来てよかったですね(^^)