Genius178 菊丸印の新ステップ

準決勝前日の夜。

菊丸は大石との思い出の場所近くで
1人で何やら特訓をしていた。

その様子を静かに見守る不二。

不二は明日菊丸と組むことになると聞かされ、
大石にその場所を教えてもらっていた。

菊丸は全国の時用のとっておきの練習を
していたようで、不二に内緒だかんなと
念を押していました。

今回その新技を披露してくれます!

なんと菊丸が二人いるように見え、
息を吹き返したように攻め始めます!

ずっと冷静で余裕な雰囲気だった佐伯が
今回はじめて驚きに満ちた表情を見せます。

菊丸は不二とハイタッチをしたあと、
抜いたよん佐伯と言いながら
軽く指を指して挑発します。

乾曰く、あまりに移動が速いから
残像が残って見えるとのこと。

これはまさに悟空でいう残像拳です!

リョーマはほーんと猫っスねと言いますが
もはやそんなレベルを遥かに超えてる気がします(笑)

菊丸印の新ステップを使い出してから
青学の勢いは止まらずゲームカウントは
4-3と一気にリードします!

竜崎も思わずガッツポーズをとって喜ぶ。

大石の怪我により不二や桃城など
様々なタイプと組んで苦労したことが
逆にプレイに幅を利かせたうえに
自覚を与えることになったと彼女は思います。

しばしの休憩時間。

六角の2人は汗をダラダラかいて
かなり疲労してきているように見えます。

そこに六角の監督オジイがアドバイスを送る。

何でぇ…真ん中ぁ…打たないの?

これを聞いた2人は少しだけ笑顔になる。

佐伯はさっそく菊丸の真ん中を狙います。

2箇所を高速移動してるのなら
真ん中に隙が出来るはずだからと。

しかし、菊丸は更に上をいっていた!

今度は3人になっていた!!!

菊丸は真ん中の打球も難なく捉え、
体を回転させながら反撃します!!

樹はそれが効かないなら
トップスピンロブで菊丸の頭上を狙う作戦に。

でもトップスピンということは・・・

駄目だよ ボクをフリーにしちゃ

つばめ返しが綺麗に決まります!!!

佐伯が菊丸に言った台詞も
そっくりそのまま返した不二!

もはや六角に勢いどころか
見せ場すら全くなくなってしまいました!

次回でおそらく決着すると思われます!