Genius216 切原赤也VS不二周助

青学と立海の試合はからくもシングルス2へ!

乾が根性で勝ってくれたことから
ここまで進むことができたのです!

次の試合は問題児の切原赤也と、
天才と言われる不二周助。

切原は不二が天才と呼ばれてることに
すごいと賞賛するも、

天才は一度潰れると案外モロいんだよなぁ
と挑発する。

挑発するほどの実力は彼にはある。

アクシデントがあったとはいえ
不動峰の橘を6-1で倒したほどの実力です。

不二と同等かそれ以上だと大石は思った。

切原はチャッチャッと行きますとサーブを打ち、
その後も急かすようなプレイをします。

超攻撃テニスをする赤也に対し、
カウンターを得意とする不二が
どこまで持ち堪えるかが勝負の鍵だと柳生は思った。

が、仁王はすぐに気づく。

攻めているのは不二だった!

しかもすごいスピードで動いていて、
赤也もヘッドスライディングをするほど
必死になるほどだった。

不二のチャンスボールとなったので
すかさずスマッシュの体制に入ります!

その体制は以前、赤也が橘やリョーマを
狙い撃ったときのものと瓜二つ!

赤也はヒザか!?と思い
咄嗟に左膝をラケットで防御する!

でも不二はそんなことはせず
赤也のすぐわきを狙ってポイントを奪った。

その一連の動きで不二は確信した。

越前のヒザをやったのはやはりこの男だったと…!

なんともするどい!さすがは天才です!

そして、切原赤也は不二周助をどす黒い
なんとも不気味な笑みを浮かべながら見上げる。

潰す…と一言を添えて・・・

もはや気に入らない人物は
全員潰すのかと思えてしまう状況です。

こんな危険人物に不二はどう挑む!?