Genius265 奇策!?菊丸のシングルス

六角戦では全勝だった沖縄比嘉中が
青学戦では一転して2連敗となり
かなり意外な様子だった。

続いてはシングルス2の試合へ。

比嘉中は帽子がトレードマークの甲斐裕次郎。

そして青学は・・・なんと菊丸だった!

甲斐はダブルス専門じゃねーの?と聞くと、
菊丸は何も言わずに後ろを向く。

キャプテンの木手永四郎も意外なようだったが
奇策で勝てる相手ではないと豪語する。

試合が始まってもなお甲斐は菊丸に話しかける。

どうしたお前 怖い顔して!?
千葉の負け犬の仇でも取るつもりかよ!!と
相変わらず口が悪い。

だが、菊丸はものすごく冷静だった。

菊丸はネットへ出ずにラリーを打ち合います。

佐伯が身を持って教えてくれたのです。
左右の動きに縮地法が使えないことを。

甲斐はそれに対抗するように
クロスを打って攻めてきます。

だが、菊丸は沖縄の選手と真逆で左右にめっぽう強い!

菊丸印のステップで残像を出し、
最初のポイントは菊丸がゲットします!

観客にも二人に見えるほどの菊丸の動きに
誰もが驚きを隠せずにいた。

そして今度は一転、ネットに出ると
アクロバティックプレイを見せます!

だがネット際でのジャンピングショットだったので
かなり隙が生じてしまいます。

とうぜん甲斐はそこを狙ってきます。

が、菊丸は見事な身のこなしで
またもジャンピングショットを打ちます!

甲斐がお前本当にダブルスプレーヤーかよ?と
疑うほどの動き。

そして菊丸は驚くべき発言をする!

もうダブルスはやんない!

いったいそれはどういう意味なのか・・・