Genius186 奇襲

ねえ…俺にも本当のテニスって奴
教えてくんない?

高くつくかもよ……越前リョーマ

リョーマはテニスラケットを直しにいった帰り道、
偶然にも切原赤也と出会い、自ら絡んだのです!

場面は神奈川県の某テニスクラブへ。

そこは切原赤也が通っているクラブらしく、
けっこうな有名人になっているようです。

前々からクラブにいる人が、
新人の年配者である内田さんに
切原赤也が何者かを説明してます。

全国ナンバーワンの立海大付属中の生徒で、
高校生を13分で倒すほどの実力で大人顔負け、

内田さんも一度見てみるといい
レベルの違いにへこまなければね ハハハ…と。

切原がラフ(裏)を当てるも
お前選んでいいよと告げたので
リョーマからのサーブで試合が始まります!

リョーマはいきなりツイストサーブを放ちます!

切原はとても冷静にボールを見つめる。

氷帝戦の時より回転数が増し…

と思った瞬間ボールが顔にヒット!!!

体ごと後ろにふっとばされ、
ラケットも手から離れてしまう!

だが、切原は体制を立て直しなんとか着地します!

これだけでも他のプレイヤーとは
違うという強さを感じさせられます。

あんな小さい子じゃ試合になんないよ!
となめていた大人たちは驚く一方。

リョーマはラケットを切原に向け、

まだまだだね と言い放つ!

切原は少し笑った後、
するどい目つきでリョーマを睨みつけ、

お前 潰すよ…と一言。

まだ1球なのでなんとも言えないですが、
波乱の幕開けという感じがします…。