Genius368 絆

リョーマに突然危機が訪れる。

滝の上から巨大な流木が!!

それを見つめるリョーマの瞳の色が変わり…

南次郎に指示を出す!

親父ーー左側面の窪みのちょい下ぁーっ!!

南次郎はその通りに石を当てる!

二人が使っているのはラケットではなく
細い木の枝である…まさに神業コンボ!

みごと流木の軌道を変えることに成功しました!

が、激しい水しぶきがリョーマを襲い
水の中に放り込まれてしまう!

南次郎がすかさず飛び込んでリョーマを救います。

そのときリョーマの才能を実感したような様子でした。

それからしばらくして、
リョーマが目覚めると・・・記憶が失っていた。

立海と青学の第4試合は。

流れは完全に立海へと傾いていた。

ジャッカルは反復守備(ターンディフェンス)の
ねずみ花火eat(はなビート)で鉄壁の守備を見せる!

彼らは皆の倍である20kgの負荷を
かけていたようでパワーリストを外した途端
まるで別人のようになっていた。

これこそが全国NO1ダブルスの真骨頂!

大石がラケットの端に当ててしまい、
立海のチャンスボールとなる。

菊丸がカバーに入るも、
ネットについているのは妙技使いの丸井ブン太。

何がくるか予想がつかず困惑していると店
丸井は新たな妙技を披露する。

スマッシュを打つと見せかけて…
左脇の下からラケットを回して打つという妙技。

その名も「時間差地獄」

これで立海が2-1とリードを奪う!

その時、乾と海堂が会場へ向かっていた。

もちろん無断で病院を抜け出したことになるので
あとで怒られる確率100%・・・

でも、全員一丸にならないと
勝てない気がするとも乾は思っていた。

珍しく理屈っぽくない直感的な意見です。

会場脇のコートでは桃城が大汗をかくほど
アップが白熱していたが
俺だけじゃダメだと思い始める。

そこにタイミングよく海堂と乾が登場!

さらに!青学1年坊主三人組が
他校の生徒をどんどん連れてきます!!!

聖ルドルフ学院の不二裕太!

緑山中の季楽靖幸!

氷帝学園の日吉若!

比嘉中の田仁志慧!

不動峰の伊武深司!

そして元山吹中の亜久津仁!

よく見ると彼らには共通点があります。

それはかつてリョーマと戦ったことがある人たちです!

いよいよって感じがしてきましたね!