Genius87 こだわり

越前リョーマと不二周助の紅白戦。

リョーマは本来は決め球になるであろうスマッシュを
何度打っても不二周助には通用しなかった。

不二はトリプルカウンターのひとつである
羆落としという技を持っているだけでなく、
それをほぼ確実に決めてくる実力の持ち主。

リョーマはこの人強い、というよりうまいと思います。

そして不二もリョーマを絶賛します。

やっぱり油断できない
裕太や海堂、乾までやられるわけだね

一瞬でも気を抜くと命取りになる、と。

それと同時に強い自負心も見せます。

でも、ぼくに勝つのはまだ早いよ

その自信のあらわれか、
続いて何度もチャンスボールをあげてリョーマを誘います。

リョーマはそれにすべて応えスマッシュを打ちまくりますが、
何度やっても羆落としの餌食になってしまう…

そしてスマッシュをネットに当てるという
らしくないミスをしてしまう。

観戦者は不二のプレッシャーがすごいのかもしれないと思うが、
もしかしたらそれは全然違うかもしれない。

ネットに当たったのは何かを狙っていたのだとしたら…

次のスマッシュも同じくカウンターを受けてしまうも…
いままでとは結果が違った。

なんと今度は不二がミスをしたのです!

これも普段はみられないことだからみんな驚いています。

不二はこのとき意味深なことを思う。

いまのは偶然か…それとも…

そしてその次もロブをあげる不二だったが、
リョーマはもうロブあげてくれなくていいっすよ!
といってスマッシュを放つ!

そしてまたも不二のボールはアウトとなってしまう。

やはりリョーマは何かを狙っていたのです。

なんとリョーマはネットの端にスマッシュをあてて
強引に軌道をずらしていたのです!!!

それにより不二のスイートスポットを微妙にずらし、
アウトを誘っていたのです!

さすがの不二もとんでもないことするなぁ
すごいね越前君と絶賛!(笑)

もうすごすぎて不二と同じく笑うしかありません(笑)

これでどちらが勝つのか更にわからなくなりました!

そんな中、次の紅白戦が始まろうとしてました。

次は運動後10分くらいで疲労がもっともくるタイプの二人の対戦です。

その二人とは桃城武と、手塚国光!!

その二人の対戦も初めてなのですごく楽しみです!