Genius291 克服

青学と氷帝のダブルス1の試合は中盤戦!

流れは少しだけ青学に傾いています。

大石がいいところでムーンボレーを放つ!

オンラインを狙う神業なので
ふつうは誰も終えるような弾ではないが
宍戸はそれに追いつくほどの脚力の持ち主。

瞬間移動ともいえるその走法で
ムーンボレーにも食らいつきます!!

だが、惜しくもボール1個分ほどの差で
ネットに阻まれる。

それに加え菊丸がしっかりフォローしていたので
どちらにしろいまのポイントは
青学に入っていたかもしれません!

おれで青学が4-3と一歩リードします!

次は魔の鳳のサーブの時間へ…。

彼のサーブはスカッドサーブという
とてつもなく速いのでそう簡単には取れない。

だが、大石はセンターに寄って構え
スカッドサーブ封じに転じます。

鳳は右サイドを狙おうと意識すると
打つ瞬間に右手をコネる癖があることが
関東大会で判明しています。

だが、今回ははやり…克服していた!

目にも止まらぬ速さで
ボールは大石のすぐ横をかすめていった!

しかもいままでのそれよりも速い
ネオスカッドサーブにまで進化させていて、
乾の大会記録をあっさり塗り替えてみせた!

そのスピード実に215km/h!!

乾のウォーターフォールは212km/hだったので
3キロも更新してみせた…

これで4-4の同点となり、
その後も接戦が続きタイブレークに突入!

前日に雨が降ったことにより
コートは蒸し風呂状態とかしており、
そろそろ体力もやばいことになってきます。

菊丸を除いて!

明らかに3人と比べて汗の量が少なく
かなり余裕があることがわかrます!

手首でラケットを回しながら
ダブルスの無限の可能性見つけてやろうぜ!

と大石に言います!

まだまだどちらが勝つかわかりません!