Genius323 コメプリ

ダンクスマッシュで先制点を取った桃城だったが…
相手はネタ見せのためわざと取られた感じでした。

金色小春はアフロのカツラをかぶっていたが、
その下にちょんまげのかつらもかぶっていた!

一氏ユウジは点を取られてどないすんねん!と
突っ込んでいたが掴みはOK牧場♪と納得(笑)

恐るべし…モーホー軍団(笑)

「桃尻くん」はそれに誘われるが
もちろん断る(笑)

桃城は奴等のペースに巻き込まれたら終わりだと
自分に言い聞かせるが・・・

二人は前後に重なって千手観音というネタをしだす!

これに気を取られた桃城はダブルフォルト!

見事に惑わされてしまった桃城くん…(笑)

今度は金色小春が意味深なことを言い出す。

青学にもコレ出来る奴おるらしーで、と。

まさかの同調(シンクロ)か!?

…と思いきやネットの近くで倒立!

その直後に立ち上がってポイントゲット!

彼らがいうシンクロとは
シンクロナイズドスイミングのことだった!

もはや海堂すら惑わされる形になった青学…

押され気味だがリョーマも乾も笑ってしまう(笑)

彼らは自分たちのペースに巻き込む
プロ中のプロらしい。

財前がやりたくないというのもうなずけます(笑)

でも彼らは笑かすばかりではなかった。

海堂が流れを引き戻すかのようにあの技を放つ!

氷帝戦で見せた新技!トルネードスネークです!

…ここで金色小春がその才能を発揮する。

彼はトルネードスネイクの正体を瞬時に見抜いた!

その仕組みを長いですががんばって書いてみます(笑)

この打球はバックスピンの上向きのマグナス力と
進行方向に対して45度の入射角での
回転軸を持つ力との融合といえる。

回転する事によりこの打球は
空気抵抗をほとんど受けないといってもいい。

その分他のストレートの打球よりも
0.02秒速く到達する
距離にして81.35064cm。

その独特の回転はジャイロ回転というらしく
かなり難しい内容でした…

金色小春の情報量は乾以上だった。

しかもノートではなく
頭の中にすべて入っている・・・

彼のIQは200 いわゆる天才だった!

人は見かけによらずとは正にこの事!

いとも簡単にトルネードスネイクを返したので
頭だけでないことも確かです。

これは思った以上の強敵です!