Genius299 氷の世界

リョーマの風林火山・火を羆落としで
返してしまった跡部!

無我の境地…こんなものかと言い放つ
彼のポテンシャルは本当にすごい!

だが試合はまだまだこれから!

リョーマはさっそく跡部が見せた
タンホイザーサーブを放ちます!

バウンドしない反則レベルのサーブだが
リョーマならやってのけるでしょう!

そして跡部はすかさず前に出て
フロントフットホップをやってのける!

左足を前に踏み出しその足でジャンプし
ライジング気味にトップスピンをかけ
攻めに転じる為の高度なステップだという。

跳ね際を見事にそれで返したのです。

さすが跡部様という感じです(笑)

今度はリョーマが見せます!

菊丸印のステップまでやってのけます!

これは分身が見えるほどの高速ステップで
もはや人間業を超えています!

ここから攻めムードになったかに見えたが…

跡部は急に真剣なモードに入る。

もう止めだ!

そんなテニスだから
テメーは手塚の域に達せねーんだよ

跡部がそういった瞬間!

カウントが0-30となる…

なぜかリョーマは反応すらしなかったので
一体何が起こったのか状態に。

乾も全くわからなかったが、
不二は何かに気付いたのか思わずツバを飲む。

リョーマは次も構わず前に出る!

が、それは全く意味をなさなかった。

リョーマの周りに氷柱が突き刺さったような光景…

白黒が反転した世界に表現されており、
恐ろしさが際立っています。

跡部にはリョーマの死角が全て見えていた!

跡部にしか見えないであろう
地面に突き刺さった氷柱一つ一つが弱点だった!

不二はやはりそのことに気付いていた!

だがダブルスではないため
フォローすることは全くできない。

またもあっさりポイントを奪った跡部!

これこそが跡部の「氷の世界」

まさに氷帝学園の部長ならではの技!
というか境地といったほうがいいかもしれません。