Genius269 殺し屋と呼ばれる男

青学の全国大会、最初の相手は比嘉中。

第1試合は越前リョーマが田仁志慧の
ビッグバンに手こずるもからくも勝利。

第2試合は平古場凛のハブで翻弄されるも
不二の新技で流れを引き戻し勝利。

第3試合は菊丸のポテンシャルが炸裂し
甲斐裕次郎にみごと勝利を飾る!

続いての第4試合は乾・海堂ペアが6-3で勝利!

比嘉中との試合では一番余裕のある試合だった。

相手は比嘉中の中でダントツの肺活量と
忍耐力をもつ不知火という選手がいたが、
海堂は彼を上回る力を発揮したようです!

しかもまだ何かを隠し持ってるようだったが
今回は自分のスタイルを貫き通したらしい。

比嘉中の監督・早乙女晴美は激昂し
もう付き合ってられないと会場を去ろうとする。

が、ボールが奴の腹に直撃し、
ベンチに強制的に戻される!!

打ったのは比嘉中の主将・木手永四郎。

彼こそが沖縄比嘉中を全国へ導いた立役者であり、
部員からの信頼も厚い男。

九州地区大会では各校エースの息の根を
悉く止めるという大胆かつ素早く相手の急所をつく。

そんなプレイスタイルからついたあだ名が殺し屋…

本当にそいつはテニスプレイヤーか?

立海大付属の丸井ブン太はそう思う。

立海は六里ヶ丘中と対戦していたが、
ほとんどアウトオブ眼中という感じだった(笑)

ボードには6-0の数字が並び、
5連勝で準々決勝に進出します!

ジャッカルはその木手という奴に当たったら
タダじゃ済まないと解釈していたが…

そして、圧倒的な強さではあったが、
部長の幸村はみんな動きが悪すぎると注意する!

続いて真田も同じく喝を入れる。

幸村の言う通りこの全国一つの取りこぼしも許さん!
完全勝利で3連覇を成し遂げる!

と、言いつつ真田も木手永四郎という男が
気になっている様子だった。

そんな曰くつきの男と当たったのは…手塚国光!

いきなりコート越しにラケットを突き出し、
手塚は咄嗟に頭を横に傾ける。

団体戦の勝敗は決まりましたが
手は抜かない方がいい

心配するな そのつもりだ

いよいよという感じの試合が始まります!