Genius274 くせ者同士

青学の2戦目は因縁の氷帝学園!

監督の榊太郎は冷静に青学の強さを評価する。

もはや関東大会初戦で戦った相手ではない、と。

それでも実力は五分五分で
勝利を掴むのは我が氷帝学園だと喝を入れる。

最初の出番は忍足侑士!

青学は桃城武!

よっしゃー応援頼むぜ!と元気よく立ち上がり
タオルを景気良くバサッと投げます!

そのタオルはベンチのかなり手前に投げたので
堀尾が慌ててそれを受け取ろうとします。

だが、風が吹いたことで
タオルはちょうどよくベンチの背もたれへ。

桃城はそれをわかっていたようだが…

前回はダブルスで相対した両者。

今度はシングルスです!

それぞれどんな戦い方をするのか楽しみです!

最初は桃城の弾丸サーブから始まる!

忍足は思ったよりパワーが増してないと思ったが、
ボールはなぜか全くの逆方向にバウンド!

桃城は狙って打っていた。

忍足の近くに転がっていた小さな石を…

もはやこの時点で中学生レベルではありません!(笑)

パワーを70%ほどに抑えることで
コントロール重視でいくと読んだ忍足は、
そういうやつほど崩しやすいと分析。

今度はドロップショットで攻めます。

桃城はそれを読んでいたのか、余裕で拾います!

だが、当然のごとくネット際にスタンバる忍足は
今度はロブで攻めます。

桃城は根性でそれにも追いつきますが、
忍足はまたもドロップショットを放つ!

今度はかなり厳しいタイミングに思えるが
桃城はそれすら拾いにいきます!

ヘッドスライディングをするほど
ギリギリのプレーとなってしまい、
完全にペースを崩された桃城。

だが、それを拾ってこそ桃城と
忍足も警戒感を緩めていない。

ギリギリでボールが届いたものの、
誰もがアウトだと思える打球に・・・

でも、大丈夫だった。

風が味方し、ボールはライン上に落ちる!

やはり彼は風が読めるのか…