Genius153 まぼろし

桃城と共にリョーマがアップを終えて
試合会場に戻るとそこには驚愕な光景が!

35-34 手塚リードのアナウンス!

その後、跡部が36-35とリード!

どちらも2ポイント離されないまま
ずっとタイブレークが続いていたのです!

どのくらい時間が経ったのかわからないが
飽きてうんざりしている人は1人もいないと思われる。

それどころか観客の一人がこうつぶやいていた。

この試合いつまでも見ていたいな

その気持ちはすごくわかる気がします!

ここにきて手塚が攻めます!

ラケットヘッドが3.2ミリ下がった。

このとき、リョーマは現実とは
違う映像が一瞬だけ見えていた。

手塚と高架下のコートで対戦したときの様子を。

だが、現実はその時とかなり違っていた。

ゼロ式ドロップショットのはずだったが、
ボールが戻らず跳ねてしまった。

やはりここまで来ると疲労が半端じゃない模様です…

跡部はダイビングをしてそのドロップショットを拾い、
手塚はそれを返します!

が、ボールは無情にもネットに阻まれた・・・

ゲームセットウォンバイ氷帝学園 跡部!!

ゲームカウント7-6!!

手塚がまさかの敗戦に伏してしまいました…。

でも跡部はあまり嬉しそうな雰囲気を出さず、
コート越しに手塚と右手を合わせ腕を空へと伸ばす。

彼なりに手塚の検討を讃えたのでしょう!

氷帝側は本当にあの手塚に勝った!と大盛り上がり。

氷帝コールが鳴り響く中、
手塚はリョーマにあのことを覚えてるか確認する。

2ヶ月前に高架下のコートで
言ったことを覚えているか、と。

リョーマは、はい、と一言告げるだけだった。

手塚はなぜこんな確認をしたのでしょうか。

まさか引退はないでしょうが、
これからの展開がとても気になるところ。

試合は2勝2敗1ノーゲームということで
控え選手による第6試合が始まろうとしていた。

氷帝は初登場となる日吉若(ひよしわかし)2年。

前髪が目にかかるほど長いが全体的に
ぼっちゃんカットみたいな感じですごく整ってますが
冷徹な雰囲気がビンビン伝わってきます。

向日はお前なら大丈夫だと思うけど絶対勝て!
と念押ししてますがその台詞から
そうとうな実力者であることがわかる。

宍戸が1年だろうと気を抜くなよと言うと、
当然でしょうと返してることからも
そうとう肝も据わってると思われる人物です。

そして越前リョーマがゆっくりコートに立つ。

越前 お前は
お前は青学の柱になれ

という言葉を胸に!