Genius32 幻のブーメランスネイクがもたらしたもの…

海堂薫は自分でも思いもよらぬショットを打った。

周囲はブーメランスネイクと呼んで大盛況ですが、
乾貞治は冷静に解説してくれました。

海堂の打ったそれはポール回しという列記とした技で、
ポールの外側を通って戻ってくるというスーパーショット。

乾でもあんなすごいのは初めてみたらしいので
リアルではプロでも絶対無理っぽいやつですね(笑)

この勢いのまま行くと思ったら・・・
神尾がクイックモーションからのサーブを打って
あっさりゲームを奪ってしまいます。

これはサーブトスをあえて低く上げて
通常より早いタイミングで打つショットなので、
完全に不意を突かれてしまったしまったのです。

その後、海堂は何度もブーメランスネイクを試しますがことごとく失敗。

不動峰側のベンチからはまぐれだ、気にするな!と
声援が飛びますが神尾は油断は禁物と冷静です。

でも、打った瞬間ビクッとなってるので
精神的にはかなり堪えていることは間違いないでしょう。

ただゲームはどんどんドツボにはまっていき、
ついには7連続も失敗し3-0と大幅リードされます。

いったん休憩に入った両者。

ベンチに座り込むと海堂は怖い顔のまま思いを巡らせます。

あの大技を会得できれば神尾を倒せるのに、と。

そして・・・越前リョーマの顔も浮かべます。

密かに彼も打倒したいのだと思ってるのでしょうか。

彼の性格からしてそうかもしれない。

・・・ここで竜崎の説教が始まります。

つまらん色気を出しおって

なんだいこの試合は!

ラケットブンブン大振りかい バカ者が

優しい大石は止めに入ろうとしますが手塚はそれを止めます。

そして・・・

一発必中の大技にすがらなければ

あんな相手倒せないほど弱かったのか

海堂よ お前のテニスはどういうテニスだったかな?

この言葉で海堂の顔が変わります!

不動峰サイドでは・・・
神尾は自信たっぷりな感じですが、
橘はリズムが狂っていることを指摘します。

ブーメランスネイクを意識しすぎて飛ばし過ぎだ、と。

このままでは結局は体力を浪費して
スネイクの餌食になるのですが、
神尾はチッとしかいわずコートへ歩き出します。

どうやら言われるまで自覚してなかったようですね・・・

そういや神尾は汗をかなりかいてるところが気になりますね。

コートにてすれ違う二人。

そのとき海堂は言い放ちます。

このままじゃ終わらせねえ 絶対にだ

こうなった海堂薫はしつこい。

これは明らかに反撃のフラグがたったでしょう!

次回が楽しみです(^^)