Genius14 まだまだ

竜崎桜乃は小坂田朋香に急かされて
男子テニス部のランキング戦を見にコートへ。

そのとき受付にいたのは・・・海堂薫(笑)

あ?と威嚇するように睨みつけ小坂田朋香はドン引き(笑)

彼女は桜乃の親友でツインテールで泣きぼくろが特徴の子。

かわいい顔立ちですが調子に乗ってるところが玉に瑕(笑)

二人はコートにて月刊プロテニスの芝砂織と出会います。

小坂田朋香はリョーマ様の試合を観に来たんでしょ?といい、
彼の方を指差すと芝砂織は驚きます。

昨日の夕方に出会ってたからですね。

しかも相手は3年のレギュラーってことで
くすっと笑って可哀想、人数合わせかかしら?と
完全な舐めた態度をとります。

受付の人に勝ったと言っても信じてないですが、
だからこそ今後おもしろい反応がみれそうです^^

さて、話は本題へ。

リョーマは前回、追いつめられながらも
いろんなテニスを倒せるからねと豪語します。

そして今回も超強気の発言が飛び出します。

最近やっとできるよになったステップがあるそうですが、

できればとっておきたかったね

全国大会まで

と、ものすごい自信に満ちたセリフを吐きます!

こういう伏線混じりの強気発言もいいですね!
どんなステップ技なのか早く知りたくなります!

乾はたわけ!と言い高速サーブを放ちゲーム再開!

乾はどちらに来るか予想しながらネットに詰め寄りますが、
リョーマはもうめんどくさいから予測しなくていいよ、
右に打つからと自ら宣言し始めます!

このセリフに全員が驚きます!

乾は撹乱作戦かと思いつつ攻めていきますが
越前の戻りが早いことに気づきます。

堀尾はついにやけを起こしやがったーと顔が青ざめてるだけです(笑)
完全に思考が停止しているのでしょう(笑)

そしてリョーマはロブをも宣言します。
もちろん乾はそれにも対応しまたもスマッシュを返します。
前回はこれであっさり決まっていたところですが今回は違います。

リョーマはその打球にあっさり追いついて
今度は左いくよと宣言しつつ綺麗に乾の左を抜き去ります!!!

おしくも打球はアウトになってしまいましたが、
その試合を見ていたほとんどの人間が度肝を抜かれてしまいます。

さきほど軽く見てた芝砂織も驚きの表情を見せます!
かわいい人はどんなときもかわいいですね!(爆)

それはさておき、リョーマはちょっと焦ったかといい、
帽子をラケットで拾いつつ自分に対してまだまだだね、と吐露します。

今回は応戦が主体だったのであっという間に話は終わります。

残念ながらステップとはなんなのかの説明はなかったですが、
たぶん次回に持ち越しですね。