Genius235 負けず嫌いナンバー1

Well,I got you cornered.
(さあっ追い詰めたよ)

リョーマはそういうと無我の境地を発動させる!

最後の最後で温存していたのです!

限界を超えてなおも発動できるその底力は
ほんとうに称賛に値すると思います!!

だが、さすがは真田弦一郎。

こんな状況でもとても冷静な言動を見せる。

後ろを振り向き、
位置につくと同時にこんなことを言い出す。

俺はそれを使いこなせる奴を三人知っている

我が立海大付属 部長の雪村…

九州の千歳…

そして…

我が心 すでに空(くう)なり

空なるが故に無

俺だ!

なんと真田も無我の境地を発動させた!

これまで以上にするどくかっこいい目つきになり
ついに本領を発揮した感じです!!!

切原赤也はな、何だよオイ…
と心のなかで思う。

それだけではどんな気持ちか計り知れないが
真田が無我の境地を使えたことを
知らなかったとも解釈できます。

観客からは何故今まで出さなかったんだ!?
出さずとも勝てるということだったのだろうな!
などといろんな解釈が飛び出す。

リョーマは渾身の攻撃を繰り出すが、
真田はそれをことごとく返します!

後ろを向きながら返す姿は
不動峰の橘が赤也と戦った時に見せたものと瓜二つ。

リョーマの攻撃を素晴らしいと認める真田だったが
最大の欠点が潜んでいることを見抜いていた。

いけぇーっ これで決まれーっ!!

と掛け声つきでスマッシュを打つリョーマ。

だがそれが浅く入ってしまい、
真田が有利な状況になってしまう。

リョーマのテニスに潜む最大の欠点とは
爆発的能力を生かしきれていない事だった。

それ故致命傷となる反撃を喰らいやすい。

さらばだ 越前リョーマ!

真田はまたもトップスピンロブを放つ!!!

今度のそれはかなりの高さだったので
堀尾は絶望視してしまう。

が、リョーマは審判台を利用してジャンプし、
ボールまで身体が届き、新技を放つ!!!

その名も「COOLドライブ」!!!

弧を描いたボールが思いっきり地面にぶつかる!

真田はドライブBじゃないとすぐに感づく!

が、それを打ち返すことは不可能だった!

なんとボールがバウンドせずに
地面をすごい勢いで駆け抜けていったのです!!!

ボールはそのまま後ろの壁へ激突!!!

その瞬間、会場は静まり返る。

ボールが壁を少しだけ駆け上がり、
それが地面に落ちると…

俺の…勝ち… …だね

といってリョーマが倒れこむ。

ゲームセットウォンバイ…青学 越前

7-5(セブンゲームストゥファイブ)!!!!!

まじで皇帝に勝ってしまいました!!!