Genius171 真っ向勝負!

青学は初戦のダブルス2から
5-0と苦しい展開となってしまった!

それでも桃城と河村はこだわりをすてず
パワーで真っ向勝負することに!

河村のバーニングサーブを放ち、黒羽が返します。

それを桃城がポーチに出るのですが、
いつもと様子が違います!

両足にしっかり力を込めると、
いきなりポイントを奪います!

その後も桃城が幾度と無く活躍するも、
六角ペアも更にパワーを上げてきます。

だが、押し始めていたのは青学だった!

大石と乾が以前から指示していた
足腰の強化トレーニングがここで生きてきたのです!

ここで青学がやっと1ゲームを取ります!

竜崎はただ足腰が強くなっただけではなく、
2人が交互に力を高め合って
プラスαの力を生み出していると分析。

その強さを感じたのか六角のダビデこと
天根ヒカルは髪を後ろに結び始める。

それは本気モードの証らしいです!

桃城は河村に油断せずいきましょう、
やつらここから来ますよと言ってることから
冷静さがあることも伺えます。

ただがむしゃらにやってるわけではないのでしょう!

乾の解説によりそれが予想から確信へと変わります。

それから試合はさらに激しさを増すが、
桃城の表情は常に冷静な感じです。

その様子を見た乾はこう解説する。

桃城はパワーや技術、前向きさなど
個人の能力として相当高いポテンシャルを
持っているのは見ての通り

…しかし
本人が気づいていないところがまだ有るんだ!

いまもホラ…

桃城(やつ)がそれを自覚した時
本当に怖い存在になるぞ

この回はここで区切り!

いいところで区切られてしまったので
彼がどんな能力を持っているのかは
次回に持ち越しです!