Genius295 満足いく試合とは

8-7と王手をかけていたのは氷帝だったが
シンクロした青学ゴールデンペアの方が
圧倒的に有利な状況だった。

もはや止めるのは不可能と思えるほどの勢いだった!

だが、宍戸はしぶとく食い下がる!

以前、シングルスでは終わってると罵られるも
ダブルスでならてめぇの努力、
報われるかもなと跡部に言われたことがあった。

それを思い出しながら
宍戸は根性でボールを拾う!

だが、それすら読んでいた青学黄金ペア!

二人が同時に構える全く読めない状況になり、
今度は氷帝側が大ピンチを向かえる!

そこに待ち構えていたのは鳳!

死んでも止めるという強い想いで来い!!と叫ぶ!

だが、ボールが来ることはなかった。

ボールは青学のコート内に転がっていた。

菊丸が大石のラケットを掴んでおり、
それにより試合が終了しました。

氷帝が7-6で勝利します!

宍戸はわけがわからず何故打たなかったと
問いただすも二人はどうなったのか覚えていなかった。

覚えていたのはマッチポイントになったときまで。

菊丸の感覚では大石と一緒に
雲の上のようなトコにてすごく楽しかったようです。

まるで臨死体験のような感想です…

ほぼ無意識でやっていたことになりますが
いつか意識的に出来る日はくるのだろうか…。

榊監督の前に立つ宍戸と鳳。

また満足出来なかった様だなと指摘されると
二人揃って素直にはいと答えます。

満足していては上にいけないと思ってるので
彼らもまた成長が楽しみなコンビです。

最後になぜ打たなかったのか、
はっきりしないが不二の予想では
シンクロしたことで相棒の手首の限界をも
わかったのではないかと。

試合に負けはしたものの、
竜崎は生徒たちの成長ぶりに
満足しているようにも感じます。