Genius268 見つけるべき場所

沖縄比嘉中の甲斐裕次郎は
目の前で信じられない光景を目の当たりにする。

なんと菊丸が一人で
オーストラリアンフォーメーションを
やっているのです!

一度は追いつめられた菊丸だったが
また盛り返して5-4とリード!!

だが、甲斐もなかなかしぶとい。

バイキングホーンを駆使して5-5と追いつき、
その後もお互いに一歩も譲らずに
タイブレークへと突入していった。

タイブレークでも状況は変わらず
一進一退の攻防が続く!

菊丸はここまできて体力がもつ自分が
信じられななかった。

聖ルドルフと戦った時とは大違いです!

同時に菊丸はダブルスの無限の可能性も模索する。

ここで菊丸ビームが炸裂し、
試合が決まった!かのように見えたが…
甲斐は粘りを見せる。

ダイレクトに菊丸ビームをバイキングホーンで返す!

さすがにこれは意外だったようで、
必死に打球を追いかける菊丸。

ダブルスの無限の可能性を見つけるまで
負けるわけにはいかないという想いを込めて…。

でもさすがに届かないと思われた次の瞬間、
もう一人の菊丸が打球に追いつく!!!

だが打球はネットに阻まれてしまう…

惜しくもボール1個分下…

…だったが、ボールはネットに当たってもなお
回転が衰えていなかった!

ギリギリ相手コートにボールが転がり、
7-6で菊丸の勝利!!!

これで青学は3連勝!

つまり、準々決勝に進出です!

会場は菊丸コールが鳴り響く!

やっぱシングルスもいけるんじゃないかと声が出るも
彼にとってはダブルスの方がいいらしい。

なんだか孤独でイヤだと…

オレは青学黄金ペア菊丸英二だよん、
だから全国終わるまでには怪我治して
戻ってこいよ相棒!!と大石に声をかけます。

大石はああ!と力強く返事をします!

たぶん彼は復活してくれるでしょう!